E108 - 情報専門家は情報収集者から情報コンサルタントへ(米調査)

カレントアウェアネス-E

No.19 2003.08.06

 

 E108

情報専門家は情報収集者から情報コンサルタントへ(米調査)

 

 5月に行われた情報専門家の認識調査によると,回答した情報専門家のうち91%は,近年の情報・ビジネス環境の変化に伴って,自らの役割が情報収集者から情報コンサルタントへ変化したと認識していた。これは,レクシスネクシス社が6月10日の米国専門図書館協議会年次大会で発表したもので,同社はさらに調査結果を分析し,次のような傾向を報告している。

  1. 情報専門家は,社内情報システムなどの情報技術やツールの採用,運営に携わっている。
  2. 情報専門家は自分の属する組織のビジネスを十分に理解し,そのビジネスに合致した成果を提供するべく挑戦している。つまり,組織の目標を満たすような付加価値を提供することで,情報専門家は自らの存在意義を示そうとしている。
  3. 情報専門家の多くは,自分が組織の中で十分に活用されていないと感じている。

Ref:
http://www.lexisnexis.com/about/releases/0589.asp
http://www.lexisnexis.com/about/whitepaper/InfoProWebSurvey.pdf