OCLC Research、大学コンソーシアムBTAAによる共同管理コレクションの運用内容や今後の推奨事項をまとめた報告書“Operationalizing the BIG Collective Collection: A Case Study of Consolidation vs Autonomy”を公開

2019年8月20日、OCLC Researchが、報告書“Operationalizing the BIG Collective Collection: A Case Study of Consolidation vs Autonomy”を公開しました。

米国の大学コンソーシアムBig Ten Academic Alliance(BTAA)と連携し作成されたもので、BTAAの冊子体の共同管理コレクションの運用の枠組が紹介されています。

BTAAの共同管理コレクションの主要な特質を調査・定義し、他のコンソーシアムでも適用可能な同コレクションがより意図に即して調整されるよう考案した推奨事項が示されています。

Publications(OCLC Research)
https://www.oclc.org/research/publications.html
※“Operationalizing the BIG Collective Collection: A Case Study of Consolidation vs Autonomy 20 August 2019”とあります。

Operationalizing the BIG Collective Collection: A Case Study of Consolidation vs Autonomy(OCLC Research)
https://www.oclc.org/research/publications/2019/oclcresearch-operationalizing-the-BIG-collective-collection.html
https://www.oclc.org/content/dam/research/publications/2019/oclcresearch-operationalizing-the-BIG-collective-collection.pdf
※二つ目のリンクは報告書本文[PDF:110ページ]です。

参考:
米国南東部研究図書館協会(ASERL)及びワシントン研究図書館コンソーシアム(WRLC)、資源共有に関するBig Ten Academic Allianceの声明への支持を発表
Posted 2019年6月20日
http://current.ndl.go.jp/node/38396

米・ハーバード大学図書館、共同書庫運用コンソーシアムReCAPに正式参加
Posted 2019年1月28日
http://current.ndl.go.jp/node/37458

OCLCのSustainable Collection Services、米国の大学図書館コンソーシアムSCELCと連携し、蔵書の共同管理プログラムを開始
Posted 2017年6月23日
http://current.ndl.go.jp/node/34240

HathiTrustの理事会、印刷資料1,600万冊の共同管理のための覚書や関連指針を承認
Posted 2017年6月30日
http://current.ndl.go.jp/node/34279

北米研究図書館協会(ARL)が報告書シリーズ“SPEC Kit”第345号を刊行 - 「シェアード・プリント・プログラム」がテーマ
Posted 2014年12月24日
http://current.ndl.go.jp/node/27704

OCLC Research、紙媒体資料の共同管理についてのレポートを公表
Posted 2014年4月2日
http://current.ndl.go.jp/node/25838

CA1819 - 北米における冊子体資料の共同管理の動向 / 村西明日香
カレントアウェアネス No.319 2014年3月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1819