米国南東部研究図書館協会(ASERL)及びワシントン研究図書館コンソーシアム(WRLC)、資源共有に関するBig Ten Academic Allianceの声明への支持を発表

2019年6月18日、米国南東部研究図書館協会(ASERL)及びワシントン研究図書館コンソーシアム(WRLC)は、米国の大学コンソーシアムBig Ten Academic Alliance(BTAA)の資源共有(resource sharing)に関する声明を支持することを発表しました。

ASERL及びWRLCが支持を表明したBTAAの声明とは、BTAAが2017年から2018年にかけて発表した、図書館資源共有のために将来求められる技術や機能等を記した“Next Generation Discovery to Delivery Systems: a Vision”及び“Next Generation Resource Delivery: Management System and UX Functional Requirements”、特別コレクション資料の図書館間貸出しの指針を記した“Principles and Protocols for Interlibrary Loan of Special Collections Materials”の3種の文書です。

なお、ASERLとWRLCとは、2013年に、双方の加盟機関の利用者が各加盟機関の所蔵資料を無償で優先的に利用できるとする、資源共有のための協定を締結しています。

ASERL & WRLC Endorse Big Ten Academic Alliance’s Resource Sharing Statements[PDF:2ページ](ASERL・WRLC, 2019/6/18)
http://www.aserl.org/wp-content/uploads/2019/06/2019_06_ASERL_WRLC_Endor...

Next Generation Discovery to Delivery System: a Vision[PDF:1ページ](BTAA, 2017/2/24)
https://www.btaa.org/docs/default-source/library/discoverysystemsvisiono...

Next Generation Resource Delivery: Management System and UX Functional Requirements[PDF:22ページ](BTAA, 2017/8/21)
http://www.btaa.org/docs/default-source/library/next-generation-resource...

Principles and Protocols for Interlibrary Loan of Special Collections Materials[PDF:4ページ](BTAA)
http://www.btaa.org/docs/default-source/library/btaa-principles-and-prot...

参考:
米国13大学のコンソーシアムCICが開発したコンソーシアム内ILLシステム“UBorrow”
Posted 2012年6月21日
http://current.ndl.go.jp/node/21163