T17 - 図書館の防護(protectionof library resources)研究

カレントアウェアネス
No.205 1996.09.20


用語解説[T17]
図書館の防護(protection of library resources)研究

ALA図書館技術プロジェクト(Library Technology Project)が,図書館振興財団からの助成金(当時で5万ドル)を得て1961年に行った調査研究プロジェクト。当初,蔵書に限った防火・保険を対象としたが,途中から図書館にかかわる資源,災害のすべてに範囲が拡大された。実際には図書館災害の全米調査,図書館用保険契約の開発が行われ,1963年の報告書「図書館とその資源の防護(Protecting the library and its resources)」に結実。図書館の防災,防犯,保険のすべてをカバーし,単なる防災を超えたかつてない包括的研究とされたが,必ずしもこれによって現場の実態が改善に向かったわけではないことが,1968年に明らかとなった。

Ref: 小林昌樹 アメリカの図書館における危険管理の発展 図書館経営論の視座 日本図書館学会研究委員会編 日外アソシエーツ 1994. p.78-105