電子リソースへの全国的なシングルサインオン環境整備進む(英国)

英国では、英国情報システム合同委員会(JISC)や英国教育工学通信協会(Becta)、JANET(the UK's education and research network)が中心となり、Shibolethなどの技術を使って、電子ジャーナル、データベースなど電子リソースの全国的なアクセス管理、シングルサインオン環境を提供する"UK Access Management Federation"が結成されています。

JISCは大学など高等教育機関に対してこのFederationへの参加を呼びかけていましたが、2008年7月末現在で、参加機関が500を超えたと発表しています。これは高等教育機関の90%以上、継続教育機関の50%以上が参加していることを意味し、およそ800万人の研究者・学生に対して電子リソースへのシングルサインオンの環境を提供していることになります。

対応する出版社・プラットフォームもElsevier社やProQuest社、BBCなど150を超えています。

Education and research sectors prepare for access management transition
http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2008/07/accessmanagement.aspx

UK Access Management Federation for Education and Research
http://www.ukfederation.org.uk/

UK Access Management Federation reports rapid growth as deadline approaches
http://www.jisc.ac.uk/news/stories/2008/06/accessmanagement.aspx

参考:
UPKI認証連携基盤によるシングルサインオン実証実験始まる(日本)
http://current.ndl.go.jp/node/8428
CA1620 - 動向レビュー:英国JISCによる教育・学習支援 / 呑海沙織
http://current.ndl.go.jp/ca1620