トリニティ・カレッジ・ダブリン図書館、サミュエル・ベケットの戯曲『ロッカバイ』のデジタルアーカイブ構築計画を発表:資料入手を記念してオンライン展示を開催中(アイルランド)

2021年2月3日、アイルランドのトリニティ・カレッジ・ダブリン図書館は、20世紀の代表的な劇作家であるサミュエル・ベケットが制作し、1981年に初めて上演された戯曲『ロッカバイ(Rockaby)』について、アーカイブ資料を同館蔵書として入手し、デジタル化公開を予定していることを発表しました。

同館が構築を計画している『ロッカバイ』に関するデジタルアーカイブには、ベケットの書簡、オリジナルの脚本とフランス語訳された脚本、制作ノート、写真、初演時の写真を掲載した記念ブックレット等が収録される予定で、2021年後半の公開を見込んでいます。また、同館は資料の入手を記念して、ウェブサイト上で『ロッカバイ』のアーカイブ資料に関するオンライン展示を実施しています。

サミュエル・ベケットはトリニティ・カレッジ・ダブリンの最も著名な卒業生の1人であり、1959年には同校から名誉学位を授与されました。トリニティ・カレッジ・ダブリン図書館は1969年にベケット本人から4冊の制作ノートの寄贈を受けたことをきっかけに、“Beckett Literary Archive”を設立し、その後も数十年間に渡って資料の充実に努め、ベケットの研究資料に関する世界最大規模のコレクションを構築しています。

なお、同館は、アーカイブ資料の購入には図書館友の会(The Friends of the Library)が、資料の目録作成・保存・イメージングには米国の人文学・研究図書館・舞台芸術支援団体“Gladys Krieble Delmas Foundation”が貢献したことを紹介しています。

The Library unveils Beckett archive of play Rockaby building on its world leading Beckett collections(The Library of Trinity College Dublin: News & Alerts,2021/2/3)
https://www.tcd.ie/library/news/the-library-unveils-beckett-archive-of-play-rockaby-building-on-its-world-leading-beckett-collections/

Samuel Beckett: Rockaby
https://www.tcd.ie/library/exhibitions/rockaby/

参考:
米・エモリー大学、サミュエル・ベケットの手紙データベースを公開
Posted 2018年11月8日
https://current.ndl.go.jp/node/37001

トリニティ・カレッジ・ダブリン図書館(アイルランド)、同館所蔵のオスカー・ワイルドコレクションをオンラインで公開
Posted 2018年10月22日
https://current.ndl.go.jp/node/36872

CA1958 - 脚本アーカイブズ活動の成果と今後の展望 / 石橋 映里
カレントアウェアネス No.341 2019年9月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1958