フランス国立研究機構(ANR)、国営のオープンリポジトリHALで公開された研究助成の成果物へのアクセスを促進するためのポータルサイト“Le portail HAL-ANR”を公開

2020年12月17日、フランス国立研究機構(L’Agence Nationale pour la Recherche:ANR)は、国営のオープンリポジトリHyper Articles en Ligne(HAL)上で公開された、同機構の研究助成による成果物へのアクセス促進を図る目的で、ポータルサイト“Le portail HAL-ANR”を公開したことを発表しました。ポータルサイトの開発は、フランス国立科学研究センター(CNRS)の一部門でHALの運用を担当する直接科学コミュニケーションセンター(Le Centre pour la Communication Scientifique Directe:CCSD)との共同で行われています。

ANRは2013年にオープンサイエンスポリシーを策定し、国内・欧州等の様々なレベルで、政府のオープンサイエンス計画と協調しながら、オープンアクセス(OA)・オープンデータの促進に取り組んでいます。OAについては、ANRの研究助成による成果として出版された論文はHALに提出して全文を公開する義務を定め、OA誌やOAのプラットフォームに掲載すること、CC BYライセンスを設定することも合わせて奨励しています。

ANRの研究助成の成果物は2020年12月時点で3万件以上がHALで公開されており、これらの成果物へのアクセス促進を図るために“Le portail HAL-ANR”が立ち上げられました。ポータルサイトにアクセスしたユーザーは、ANRの研究助成プロジェクトと関連のある成果物や、HAL上で研究者が出版した成果物を閲覧可能となり、出版年・研究分野・研究組織・資料種別によるフィルタリングや、より詳細な条件で検索を行うこともできます。

また、フランス政府のオープンデータポータル“data.gouv.fr”のANRの研究助成情報との新たな同期機能により、HALへ研究成果物を投稿する際に、研究助成プロジェクトとのリンク形成を手動で行う必要がなくなったことや、CCSDとのHALの共同開発によって、HAL上でANRの特定のプロジェクトに関連する成果物を一覧可能となったこと、検索結果内のリンクからANRの該当プロジェクトに関するページへ遷移可能となったことを合わせて紹介しています。

Open science: launch of a HAL-ANR portal for publications arising from projects funded by the French National Research Agency (ANR)(ANR,2020/12/17)
https://anr.fr/en/latest-news/read/news/open-science-launch-of-a-hal-anr-portal-for-publications-arising-from-projects-funded-by-the-french/

The French National Research Agency (ANR) chooses HAL to promote the researches it funds(CCSD,2020/12/17)
https://www.ccsd.cnrs.fr/en/2020/12/the-french-national-research-agency-anr-chooses-hal-to-promote-the-researches-it-funds/

Le portail HAL-ANR
https://hal-anr.archives-ouvertes.fr/

関連:
Open Science(ANR)
https://anr.fr/en/anrs-role-in-research/values-and-commitments/open-science/

参考:
欧州研究図書館協会(LIBER)、フランスのオープンサイエンスに関する国家計画の英訳版を公開
Posted 2018年7月6日
https://current.ndl.go.jp/node/36288

フランスの研究機関が共同でリポジトリ運営
Posted 2005年12月2日
https://current.ndl.go.jp/node/3227

CA1990 - 動向レビュー:プランS改訂版発表後の展開―転換契約等と出版社との契約への影響 / 船守美穂
カレントアウェアネス No.346 2020年12月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1990