県立広島大学学術情報センター図書館、在学生開発のアプリによるイベント「完全オンライン型:図書館脱出ゲーム」を開催

2020年11月18日、県立広島大学学術情報センター図書館は、同大学の経営情報学科に所属する4年生の在学生が、図書館利用者数増加を目指して、オンラインで遊べる「図書館脱出ゲーム」のアプリを開発したことを発表しました。

県立広島大学学術情報センター図書館は、在学生向けの定例イベントとして開催していた図書館脱出ゲームについて、2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響により対面でのイベント開催を見合わせていましたが、開発されたゲームアプリにより2020年12月7日から19日まで完全オンラインで開催します。

アプリ内では実際の図書館の写真が使われており、キャラクターとの会話でストーリーが進行する形式になっています。

経営情報学科4年の伊木幸乃さんが「図書館脱出ゲーム」のアプリを開発しました!(県立広島大学,2020/11/18)
https://www.pu-hiroshima.ac.jp/site/toshokan/libescape.html

図書館脱出ゲームポスター [JPG:3.24MB](県立広島大学)
https://www.pu-hiroshima.ac.jp/uploaded/attachment/16319.jpg

参考:
E2287 - 城西大学水田記念図書館の利用者支援RPG『TOSHOKAN QUEST』
カレントアウェアネス-E No.396 2020.08.20
https://current.ndl.go.jp/e2287

早稲田大学中央図書館で「脱出ゲーム」開催
Posted 2014年11月10日
https://current.ndl.go.jp/node/27395

大学図書館における「学生協働」と「ゲーミフィケーション」の実例(文献紹介)
Posted 2015年7月2日
https://current.ndl.go.jp/node/28811