【イベント】番組アーカイブの意義と未来への活用2020~"戦後75年"広島、長崎、沖縄からの報告~(11/21・オンライン)

2020年11月21日、公益財団法人放送番組センターと上智大学メディア・ジャーナリズム研究所の主催により、セミナー「番組アーカイブの意義と未来への活用2020~"戦後75年"広島、長崎、沖縄からの報告~」がオンラインで開催されます。

広島県、長崎県、沖縄県で戦争を伝える番組作りに取り組んでいる制作者が招かれ、戦争や平和への思い、映像アーカイブの意義等について講演が行われます。

定員は200人(要事前申込)で、参加費は無料です。

司会者および登壇者は以下の通りです。

●司会者:音好宏氏(上智大学 文学部新聞学科 教授)

●登壇者
・友定真治氏(中国放送 報道制作局 報道制作センター 部次長)
・佐藤有華氏(テレビ長崎 報道制作局 報道部 記者)
・山里孫存氏(沖縄テレビ放送 報道制作局 局次長)
・丹羽美之氏(東京大学 大学院情報学環 准教授)

【セミナー】 オンラインセミナー 番組アーカイブの意義と未来への活用2020~"戦後75年"広島、長崎、沖縄からの報告~(放送ライブラリー)
https://www.bpcj.or.jp/event/blog/2020/10/post20201022.html

参考:
【イベント】公開セミナー「大学における映像アーカイブ活用と新たな展開~大学と放送ライブラリーによる取組の報告」(11/18・東京)
Posted 2017年11月8日
https://current.ndl.go.jp/node/34964