米・ニューヨーク公共図書館(NYPL)、1895年の設立以来最も多く貸し出された本トップ10を発表:設立125周年記念企画の一環

2020年1月13日、米・ニューヨーク公共図書館(NYPL)は、1895年の設立以来最も多く貸し出された本トップ10のリストを発表しました。設立125周年記念企画の一環として行われたものです。

リストは次のとおりです。なお、括弧内の数字は貸出し回数です。

1.The Snowy Day by Ezra Jack Keats(485,583)
2.The Cat in the Hat by Dr. Seuss(469,650)
3.1984 by George Orwell(441,770)
4.Where The Wild Things Are by Maurice Sendak(436,016)
5.To Kill A Mockingbird by Harper Lee(422,912)
6.Charlotte’s Web by E.B. White(337,948)
7.Fahrenheit 451 by Ray Bradbury(316,404)
8.How To Win Friends and Influence People by Dale Carnegie(284,524)
9.Harry Potter and the Sorcerer’s Stone by J.K. Rowling(231,022)
10.The Very Hungry Caterpillar by Eric Carle(189,550)

エズラ・ジャック・キーツの『ゆきのひ』(The Snowy Day)が一位を獲得したことを記念して、『ゆきのひ』のデザインを用いた特別な利用者カード及び地下鉄乗車券(メトロカード)の限定発行が始まっていることも紹介されています。

また、ニューヨーク・タイムズ紙による同日付けの記事でもこの発表を取り上げています。記事によれば、NYPLの中央貸出しシステムは過去数十年分の貸出し記録しか遡れないため、リスト作成に当たっては現在の貸出しデータ、ベストセラーリスト、全米図書賞とニューベリー賞のアーカイブ、NYPLの過去の人気図書リストも使用したとあります。

Classic Children’s Story The Snowy Day tops The New York Public Library’s All-Time Checkouts List(NYPL, 2020/1/13)
https://www.nypl.org/press/press-release/january-13-2020/classic-childrens-story-snowy-day-tops-new-york-public-librarys
※NYPLによるプレスリリースです。貸出し数の多さに影響したと思われる一連の要素や、125周年に予定されている企画のリストも掲載されています。

The 10 Most Checked-Out Books in N.Y. Public Library History(The New York Times, 2020/1/13)
https://www.nytimes.com/2020/01/13/books/ny-public-library-top-books-history.html

参考:
E2137 - 「ニューヨーク公共図書館と<図書館の未来>」<報告>
カレントアウェアネス-E No.369 2019.05.30
https://current.ndl.go.jp/e2137

映画『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』公開記念パネルディスカッションの動画と抄録が公開される
Posted 2019年5月10日
https://current.ndl.go.jp/node/38136