バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)、FAIR原則の日本語訳を公開

2019年11月26日、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)は、FAIR原則の日本語版を作成・公開したことを発表しました。

FAIR原則は、データ公開の適切な実施方法を表現した15項目の原則であり、研究データの流通や活用を推進する国際イニシアティブFORCE11が策定・公開しています。今回の日本語訳作成はFORCE11の求めに応じて行われたものであり、今後FORCE11の公式ページよりリンクされ、正式なFAIR原則の日本語版として採用される見込みとあります。

データ共有の国際標準である「FAIR原則」の日本語版を公開しました(NBDC, 2019/11/26)
https://biosciencedbc.jp/news/20191126-01.html

FAIR原則(「THE FAIR DATA PRINCIPLES」和訳)(NBDC)
https://doi.org/10.18908/a.2019112601

参考:
E2052 - FAIR原則と生命科学分野における取組状況
カレントアウェアネス-E No.353 2018.08.30
https://current.ndl.go.jp/e2052

欧州研究図書館協会(LIBER)、研究データリポジトリの“FAIRness”の実態に関するアンケート調査の報告書を公表
Posted 2019年7月1日
https://current.ndl.go.jp/node/38487