スイス高等教育機関長会議、オープンアクセスに関する国家戦略を採択

2017年2月1日、スイス高等教育機関長会議(Rectors' Conference of Swiss Higher Education Institutions)は、1月31日に開催された総会において、オープンアクセス(OA)に関する国家戦略を採択したと発表しました。

同戦略は2024年までに、スイスで出版される研究成果のすべてをOAにすべきであり、公的資金による助成を受けた論文についてはすべてOAとしなくてはならない、というビジョンを定めたものです。OAの実現方法については複数のモデルを組み合わせるとしています。また、このビジョンを実現するためにとるべき行動として、各機関等によるOA方針の策定、相互の調整、出版者との交渉等の7つを挙げています。

同戦略については2017年2月中に開催されるスイス高等教育機関会議(Swiss Conference of Higher Education Institutions)に提出されるとのことです。その承認後、アクションプランの策定等のプロセスに回ります。

A National Open Access Strategy: Toward the Unrestricted Publication of Research Output(swissuniversities、2017/2/1付け)
https://www.swissuniversities.ch/fileadmin/swissuniversities/Dokumente/Komm/MeMi/PR_SWU_national_strategy_Open_Access_20170201_EN.pdf

スイス高等教育機関長会議、オープンアクセスに関する国家戦略を採択(STI Updates、2017/2/14付け)
http://jipsti.jst.go.jp/johokanri/sti_updates/?id=9423

参考:
スイス科学財団、同機関のオープンアクセス方針の履行状況に関するモニタリングレポートを公開
Posted 2016年5月11日
http://current.ndl.go.jp/node/31572

EU競争力担当相理事会、2020年までにすべての公的資金による学術出版物をオープンアクセス化することで合意
Posted 2016年5月31日
http://current.ndl.go.jp/node/31703