オランダ大学図書館・王立図書館コンソーシアム、大学図書館特殊コレクション部門におけるボーンデジタル資料の収集保存に関する提言をまとめたレポートを公開

2011年8月30日に、オランダの国立デジタル保存連合(Nationale Coalitie Digitale Duurzaamheid)のウェブサイトで、“Born-digital Bijzondere Collecties”と題するレポートが公開されています。これは、オランダの大学図書館13館および王立図書館からなるコンソーシアム“Unibersiteitsbibliotheken & Koninklijke Bibliotheek”(UKB)が6月17日付けでまとめたものです。レポートでは、ボーンデジタル資料の保存に関するガイドラインやベストプラクティス、ケーススタディ等の分析を踏まえ、大学の生み出す文化遺産としても、また大学での研究資源としても貴重なボーンデジタルの資料を長期的に保存する役目を負うのは大学図書館の特殊資料の部門であるとし、そのための方策を取るようにと提言しているようです。

Born-digital Bijzondere Collecties (PDF)
http://www.ncdd.nl/documents/UKBBornDigitalBijzCollecties_FINAL.pdf

UKB publiceert rapport 'Born-digital Bijzondere Collecties' (Nationale Coalitie Digitale Duurzaamheid 2011/8/30付けの記事)
http://www.ncdd.nl/artikel?id=102

UKB publiceert rapport 'Born-digital Bijzondere Collecties' (Informatie Professional 2011/9/1付けの記事)
http://www.informatieprofessional.nl/nieuws/8773-ukb-publiceert-rapport-born-digital-bijzondere-collecties.html