「1960年代」を知るためのデジタルアーカイブ(米国)

米国で電子出版を手がけるAlexander Street Press社が、イリノイ大学、インディアナ大学などが作るコンソーシアム“Committee on Institutional Cooperation(CIC)”等との協力のもと、1960年代の米国・世界がわかる有料のデジタルアーカイブ“Welcome to The Sixties: Primary Documents and Personal Narratives 1960 - 1974”を立ち上げたと発表しています。コンテンツの総量は15万ページを超える予定(開始時は34,000ページ)とされており、当時の人々が残した書籍、メモ、日記、写真、新聞記事、インタビュー記録などが含まれます。今後、さらに他の機関と協力して、コンテンツを拡大していく予定とされています。

The Sixties: Primary Documents and Personal Narratives, 1960 to 1974
http://sixt.alexanderstreet.com/

New Resource Gives Researchers Online Access to Trove of 1960s Memorabilia, Artifacts, Interviews, Photographs, and First-Person Accounts
http://alexanderstreet.com/pressroom/releases/09.0306.thesixties.htm

March 10, 2009付けPeter Scott's Library Blogの記事
http://xrefer.blogspot.com/2009/03/sixties-primary-documents-and-personal.html