E894 - “Kindle2”が引き起こした,電子書籍と音声読み上げ機能の問題

カレントアウェアネス-E

No.145 2009.03.04

 

 E894

“Kindle2”が引き起こした,電子書籍と音声読み上げ機能の問題

 

 2009年2月9日,米国アマゾン社(Amazon.com)は新たな電子書籍端末“Kindle2”を,2009年2月24日から発売すると発表した。

 Kindle2は,2007年12月に発売された“Kindle”に改良が加えられたものである。厚さが初代Kindleの約半分となったほか,5方向コントローラーの内蔵による操作性の向上,16階調のモノクロ画面の採用,ページ送り性能の向上,バッテリー駆動時間の改良といった性能強化のほか,pdfファイルの表示機能,男性風または女性風のコンピュータ合成音声を用いた,コンテンツの音声読み上げ機能が新たに追加された。

 ところがKindle2発表直後の2月12日に,この新たに追加された音声読み上げ機能に対して,米国の著作者団体“Authors Guild”が「出版業界に対する重大な挑戦である」との声明を発表し,電子書籍の音声読み上げ機能が著作権者に対する権利侵害を引き起こすとの見解を示した。(1) 電子書籍の刊行契約は,本文の音声読み上げまでをカバーしておらず,本文を読み上げる刊行形態は,録音図書(オーディオブック)として別に存在している,(2) 録音図書業界はすでに約10億ドル(約973億円)規模の売上を有している,これは電子書籍とは比べ物にならないほど大きなものである,(3) 音声読み上げソフトウェアの品質はここ数年で数段の進歩を遂げ,すでに実用に耐え得るレベルに達している,がその根拠である。

 Authors Guildは続けて,電子書籍の読み上げ機能に関する契約上の問題を研究すると表明し,(i) 新たな電子書籍の刊行交渉は当面見合わせる,(ii) 刊行契約を結んでしまった,または交渉中であれば,契約書に「許可なく電子書籍に音声読み上げ機能を追加することを,契約で禁じることができる」文言が含まれているかどうかを確認する,といった対応を取ることを,著作権者や出版社に対して推奨している。またアマゾン社に対しては,権利処理を行っていない電子書籍に,音声読み上げ機能を利用できなくするソフトウェアタグを追加する,との対応を求めている。その上で,電子書籍とオーディオブックの一括販売は,長らく業界でも議論がなされており,よいアイデアではあるけれども,それは電子書籍販売者の恣意により達成されるべきものではない,との見解を示している。

 このようなAuthors Guildの動きに対して,アマゾン社は2月27日付けのプレスリリースで,Kindle2の音声読み上げ機能は違法ではないと前置きしつつ,音声読み上げ機能を利用できるかどうかを,著作権者がタイトルごとに決めることができるシステムに修正することを発表した。アマゾン社は,この決定の背景を明らかにしていないが,ウォールストリートジャーナル紙(電子版)は,Authors Guildのアイケン(Paul Aiken Jr.)会長のコメントとして,アマゾン社が複数の主要出版社,著作権者と交わした契約では,オーディオ機能と一緒に電子書籍を販売する権利が含まれていないことが判明した,と報じている。なお現在アマゾン社がKindle向けに販売している電子書籍約23万点のうち,どの程度の作品に今回の決定が影響するか,アマゾン社は明らかにしていない。

Ref:
http://www.amazon.com/dp/B00154JDAI
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=1254544
http://phx.corporate-ir.net/phoenix.zhtml?c=176060&p=irol-newsArticle&ID=1261092
http://www.authorsguild.org/advocacy/articles/kindle2audio.html
http://www.authorsguild.org/advocacy/articles/e-book-rights-alert-amazons-kindle-2.html
http://www.authorsguild.org/advocacy/articles/amazon-reversal-on-text-to-speech.html
http://www.nytimes.com/2009/02/25/opinion/25blount.html
http://online.wsj.com/article/SB123577886475897701.html