E1807 - 白百合女子大学「図書館ピアサポーターLiLiA」5年間の軌跡

カレントアウェアネス-E

No.305 2016.06.16

 

 E1807

白百合女子大学「図書館ピアサポーターLiLiA」5年間の軌跡

 

 「図書館ピアサポーターLiLiA」は,2010年9月,当時の白百合女子大学図書館(以下当館)館長であった酒井三喜教授によって発案され, 2011年4月から本格的な活動を開始した。2015年度末で丸5年を迎えたことを機に,この活動をふりかえり,今後の活動のあり方を探りたい。

◯図書館ピアサポーター,LiLiA(リリア)とは

 ピア(peer)とは,英語で「仲間」という意味である。学生の仲間は学生であり,学生が学生をサポートする活動は,ピアサポート活動と呼ばれる。2016年4月現在,本学には事務部署が所管するピアサポート活動が7団体あり,「白百合ピアサポーター」と位置づけられている。

 LiLiAはLibrary Liaison Assistantの略である。Liaison(リエゾン)は,日本語にすると「つながり」で,LiLiAは「図書館内の何かと人とをつなげるのを補佐する人」という意味が込められている。人(学生や教職員)と図書館,人と本など,図書館にあるものと人をつなげる役割がLiLiAにあり,当館を舞台にピアサポート活動を行っている。

◯学生,教員,図書館員が協働する活動

 LiLiAは,この活動に参加する学生を中心に,教員と図書館員(以下職員)が協働している。教員は,本学の図書館運営委員会のメンバーの8名が参加している。LiLiAは図書館事務部が所管し,学生生活課が所管するクラブ活動とは組織が異なる。学生,教員,職員の協働というコンセプトは,酒井館長の発案によるものであった。

◯LiLiAの活動のあゆみ

 2010年9月,ポスターによる募集活動を経て,学生7名で発足した。11月には学内の公募で選ばれた「ミス・リリアーヌ」をLiLiAのマスコットキャラクターに採用した。

 2011年4月,学生は8名となり,LiLiAの活動を報告するフリーペーパー「LiLiA TIMES」を創刊した。館内の見回り(各フロアのキャレル清掃,資料の請求メモや館内備え付けのメモ用紙の補充,書架チェックなど,館内を整理する活動のこと),当館主催の選書ツアーや講演会への協力,図書展示,オープンキャンパスでの館内説明といった活動から開始した。

 2012年4月,クラブ活動紹介イベントであるクラブオリエンテーションに参加し,活動紹介を行ったが,この年度は学生8名の小規模な活動となった。

 2013年4月はLiLiAの新入生に対して職員が館内見回りのレクチャーを行った。10月11日の国連「国際ガールズ・デー」イベントに協力する白百合ピアサポーターのCosmopolite(コスモポリット)の依頼で,関連図書展示を開催した。2013年度は学生13名での活動となった。

 2014年5月,館内に3つ目のカウンター「LiLiAコントワール」を設置し,LiLiAが図書資料探しサポート,本館の場所案内などの学生へのサポートを開始した。7月は本学司書課程の今井福司講師(当時)の提案により,オリジナルのTシャツ,グッズ(クリアファイル,しおり,ブックカバー)を製作し,10月は大学祭に初出展した。11月には図書館総合展ポスターセッションに初出展し,会場で他の大学図書館サポーターと交流する機会があり,桜美林大学学生サポーターによる読書運動プロジェクトの読書会イベントに参加。2月に帝京大学共読サポーターズと嘉悦大学図書館の学生スタッフLiss(Library Student Staff)が当館に来館し,LiLiAが館内説明を行った。2014年度は学生18名となり,学外での活動を実現することができたほか,大学図書館サポーターと交流できるようになった。

 2015年5月,職員に代わって上級生が新入生に対する館内見回りのレクチャーを実施できるようになり,新入生との交流会も開催した。8月は嘉悦大学情報メディア図書館を訪問し,Lissによる,カフェのようにリラックスできる環境でテーマに集中した話し合いを重ねるイベントであるワールド・カフェにも参加した。9月はSLiiiCサマー・ワーク・キャンプ2015(E1718参照)でこれまでの活動報告を行い,オリジナルグッズ(缶バッヂ,クリアファイル)販売も行った。11月は図書館総合展キャラクターグランプリ(E1760参照)にエントリーした。2015年2月,図書館関連企業の株式会社クマヒラ,キハラ株式会社を訪問し,ショールームで入館ゲートや防犯カメラなどの最新セキュリティー商品や,図書館用事務機器,図書装備用品を見学し,両社の社員に自社を含めた図書館関連業界について説明していただいた。

◯おわりに

 LiLiAは学生の人数が安定しない時期があり,活動内容も試行錯誤を繰り返したが,上級生中心に学生自身が発案して活動する仕組みができたことはこの5年間の活動の大きな成果である。2015年度,LiLiAに参加する学生は28名を数えるまでになった。常にLiLiAを支援してくださった酒井三喜教授(2016年3月に退任)に感謝申し上げたい。

 2016年度にはLiLiAによる新企画が始まる。進化するLiLiAの活躍と活動の広がりにご注目いただきたい。

白百合女子大学図書館・栗原愼治

 

Ref:
http://www.shirayuri.ac.jp/lib/lilia/
http://www.shirayuri.ac.jp/campus/association/
http://www.shirayuri.ac.jp/lib/lilia/pdf/liliatimes201101.pdf
https://twitter.com/shirayuri_lib
http://www.jcross.com/plaza/tokatsu/post-19.html
https://ja-jp.facebook.com/shirayuricollege.kokusaihiroba/
http://imc.kaetsu.ac.jp/liss/
http://www.eijipress.co.jp/blog/2013/10/09/16619/
http://www.eijipress.co.jp/blog/2013/09/27/16245/
http://www.shirayuri.ac.jp/news/2015/20150316_01.html
http://2014.libraryfair.jp/node/2426
https://twitter.com/obirin_reading
https://appsv.main.teikyo-u.ac.jp/tosho/tos-kyodoku006.html
E1718
E1760
CA1795