CA812 - コンテンツ情報とロケーション情報をドッキング:OCLCの新サービス / 福島寿男

カレントアウェアネス
No.154 1992.06.20


CA812

コンテンツ情報とロケーション情報をドッキング
−OCLCの新サービス−

OCLCとFaxon Research Services(雑誌取次業者Faxonの子会社)との合弁会社OCLC/Faxon Finderは,1992年春から雑誌のコンテンツ情報データベースをOCLCのEPICおよびFirstSearchを通してオンラインで提供する新サービスを開始する。

採録対象誌は人文・社会・科学技術分野の約11,000タイトル,採録期間は1990年1月以降,採録対象文献は研究論文だけでなく,レビュー,論説,カバーストーリーなどの記事も含まれる。データベースは2種類あり,ContentsFinderは本誌後半部分のような雑誌別のコンテンツ情報であり,ArticleFinderは論文・記事別の書誌情報である。データは毎週更新され,年間約100万件の増加が見込まれている。ライセンス契約の下で,利用機関がローカル・システムにダウンロードできるサービスも考慮されている。

両データベースには雑誌のタイトルだけでなく,OCLC総合目録データベース中のロケーション情報が入力されている。このことにより,利用者は欲しい原報を自身が所属する機関が所蔵しているかどうかを確認し,所蔵していない場合にはOCLCのILLサブシステムを利用して原報を入手することができる。また,Faxon Research Servicesは,Canadian Institute for Scientific and Technical Information他の機関と提携して,発注された原報を24時間以内にファクシミリで提供するFaxon Xpressというサービスを提供する予定であるが,これも本年中にOCLCのEPICおよびFirstSearchに統合する予定である。

注目されるのは,書誌ユーティリティが単にサービス・メニューにコンテンツ情報サービスを加えただけでなく,それを既存の総合目録データベースのロケーション情報やドキュメント・サプライ・サービスと結合して「付加価値」を創造している点である。

福島寿男(ふくしまひさお)

Ref: Schieber, Phil. OCLC/Faxon Finder databases will help researchers and students. OCLC News (195) 30-31, 1992
Faxon/OCLC, UMI, IAC, others show reference products at ALA. Advanced Technology Libraries 21 (3) 2-3, 1992