CA755 - 図書館に関する行動計画(EC) / 金子縁

カレントアウェアネス
No.144 1991.08.20


CA755

図書館に関する行動計画(EC)

CA594で紹介した,統合ヨーロッパにおける図書館発展計画が,図書館に関する行動計画(Action Plan for Libraries)としてまとめられ,実施されることになった。

計画を担当したのはEC委員会の第13総局で,1985年以来,研究調査(Lib1,Lib2)や参加国間のミーティング,ヒアリングを重ねてきた。この計画の最終決定は今年5月に欧州議会によって下され,本年度より始まる第3次フレームワークプログラムの一部として取り組まれる予定である。4ケ年計画で予算は2250万ECU(約40億円)程度が見込まれている。

この計画の目標は,図書館サービスをより利用しやすく近づきやすいものにすること,新しい情報技術を導入すること,国際的基準を優先した標準化をおこなうこと,地域差を考慮して図書館政策の調和,集束をはかることである。

具体的には,以下の4方針があげられている。

  1. 機械可読型での全図書誌,全国総合目録,または国際的に価値ある蔵書目録の編さん。
  2. 図書館システムの国際ネットワーク化。
  3. 新技術の導入による新しいサービスの開発。
  4. 図書館むけの商品,サービスの開発。

CA594で紹介した1987年当時の計画と比べると,当初の5方針のうち,研究開発に関するものがなくなっていることがわかる。かわりに,各方針の一環として,それに関する研究・研修のためのセミナーやワークショップが開かれることになった。

すでに,この方針にそったプロジェクトの提案が呼びかけられている。採用されたプロジェクトには,ECから50%前後(もしくは関連経費のみに限って100%)の出資を受けられる。1つのプロジェクトには2国以上の参加が必要であり,提案者はパートナーを探さなくてはならない。なお,EC以外の地域からの参加も可能とされている。

プロジェクトの採用は今年の10〜11月に決定され,来年の1〜2月頃より実施される見込みである。開始後2年で中間調査が行われ,その時の評価によってその後の資金援助レベルが決められる。

この計画を援助するため,参加国にはそれぞれ中心となる機関(national focal point)が設けられている。その役割は,EC委員会との連絡,国内の情報センターとなること,プロジェクトの相談・調整機関となることである。また,ルクセンブルクにはhelp deskがおかれ,電話や文書によるサービスが行われている他,パートナーを探しているプロジェクトの登録と広報も予定されている。

金子 縁(かねこゆかり)

Ref: Borchardt, P. Neue Information zum Aktionsplan der europaischen Gemeinshaft fur die Bibliotheken in Europa. Bibliotheksdienst 25 (1) 51-55, 1991
Lehmann, Klaus-Dieter. Bibliotheken auf Europa vorbereiten. Zeitschrift fur Bibliotheswesen und Bibliographie. 37 (4) 289-306, 1990