CA1213 - Web上でのMEDLINE無料データベース / 村田春美

カレントアウェアネス
No.229 1998.09.20


CA1213

Web上でのMEDLINE無料データベース

MEDLINEは米国医学図書館(National Library of Medicine: NLM)が作成する医学・生命科学分野の世界的なデータベースである。Index Medicus, International Nursing Index, Index to Dental Literatureを包含し,約3,800誌の生物・医学雑誌を収録対象としている。データ量が豊富であること,完全なシソーラスが用意されていること,安価で提供されていることなど多くの長所を持ち,日本でも医学図書館や病院図書館をはじめとする多くの機関で広く利用されている。1960年代からいち早く電子バージョンで提供を開始したMEDLINEは,1996年4月16日からはNLMのInternet Grateful Med(以下IGM)により,Web上で有料で提供されていた。

ところが,1997年6月26日,ゴア副大統領は,議会の記者会見の席上でNLMのWeb上でのMEDLINEの無料提供を発表した。もっとも,MEDLINEは政府刊行物なので著作権保護とは関係なく,これまでもWeb上のいくつかのサイトで無料で提供されていた。それらは,BioMedNet, Medscape, HealthGate, Physician’s Onlineなどであるが,提供年代が限られていたり,検索能力が不十分なものであった。従って,NLMのいわば公式のサービスとしてのMEDLINEの無料提供は大きな反響を呼んでいる。

現在NLMがWeb上で提供しているMEDLINEの検索システムにはIGMとPubMedの二つがある。IGMには単にMEDLINEだけではなくNLMが保有し有料で提供してきたAIDSLINE, HealthSTAR, AIDSDRUGS, AIDSTRIALS, DIRLINE, HISTLINEなどのデータベースも含まれている。MEDLINEにはMeSHという優れたシソーラスがあり,その中にはさらにテーマを限定するためにSubheadingが用意されている。こうしたしくみを備えたMeSHは強力な検索ツールであるが,そのしくみについてある程度の知識がないと使いこなすことは難しい。そこで一般ユーザー向けに開発されたCD-ROM版のMEDLINEでは,MeSHやSubheadingについて詳しい知識がなくても,それらをうまく組み合わせて検索することができるような工夫がこらしてある。これとほとんど同じ機能を有しているのがIGMである。また,PubMedが持たない,検索結果のダウンロード機能も魅力の一つといえる。画面上で申込を行い,フルテキストを入手することもできる。

IGMと同時に無料提供を開始したPubMedはNLMの下部組織のNCBI(National Center for Biotechnology Information)が開発したものである。NCBIはかなり前からMEDLINEの中の分子生物学分野のEntrezというデータベースを無料提供していたが,今回,それに加えて全分野のMEDLINEの無料提供をスタートした。PubMedは,検索速度が速く,様々な方法の検索が可能である。検索結果には関連文献も表示される。また,出版社の協力により約90誌のフルテキストデータにリンクがはられ,有料で閲覧することができる。

このように,Web上でMEDLINEの無料提供が開始されたのに,CD-ROMや商用オンラインデータベースを利用してきた図書館員の中には,すぐに切り替えることにまだ懸念を示している人々がいる。医学図書館員たちは,MEDLINEの様々なバージョンや価格などの長所や欠点について議論し続けているが,結論は,簡単には出ないようだ。ここに幾つかの意見を紹介する。

  • 無料提供されるまでは,IGMやPubMedを使ったことがなかったが,今はCD-ROMよりもそれらを主に使っている。MEDLINEのいろいろなインターフェイスを使い比べてみたら良い。
  • 網羅的な検索が必要な時は,無料のWeb systemは信頼できるとはいえないのでCD-ROMを使っている。
  • Webバージョンは,検索は比較的簡単だが,インターネットの混雑具合によっては,検索結果の表示までに長い時間がかかる。
  • IGMは商用データベースサービスのDIALOGと較べると検索結果の表示が少ない。その原因はタイムラグによるものではないようだ。
  • 商用データベースサービスのOVIDは,有料だがNLMのWebバージョンより多くのデータベースを提供しているし,操作性がとても良い。メンテナンスも行き届いている。
  • IGMのインターフェイスが良い。PubMedは一般向けだが,CD-ROMに較べて扱いにくい。
  • IGMは,検索結果の再現性という点で不安がある。同じ検索を繰り返したとき,一度目と二度目の結果が一致しないことがある。これも,タイムラグによるものではないようだ。入力するキーワードによってはシステム側が検索を中断してしまうこともある。検索エンジンに問題があると思われる。

などである。NLMの館長は,「MEDLINEの無料提供は良いスタートを切った。次の課題はフルテキストへの安価で簡単なアクセスの提供である」と語っている。

Web上で繰り広げられるMEDLINEのサービスの中には,様々なものがある。無料のサイトの中には,検索年代の制限や信頼性に欠ける情報を提供しているところもある。情報の質が良くてもサービスの継続性が保証されていないところもある。データの速報性という点で商用オンラインサービスを凌ぐところもある。様々なバージョンを持つMEDLINEに関しては,利用者,予算,環境を考慮しつつ,操作性,検索の速度,精度,付加機能などについて,十分に検討する必要があろう。図書館員は,常に新しいものを試みながら,今後の動向を見据える洞察力を養っていくことが大切と思われる。

村田 春美(むらたはるみ)

Ref: Tenopir, Carol. Online databases: MEDLINE on the Web: databases for free. Libr J 122 (16) 36-37, 1997
田村晃児 情報業界が直面する変化の風:第五回日本情報国際会議を中心に 情報管理 40(11)986-1005,1998
遠藤有紀子 インターネットのfree MEDLINE:信頼性調査 薬学図書館 43(1)8-13,1998
小田中徹也 Free MEDLINEへの招待 病院図書館 17(4)122-134,1997
市古みどり MEDLINE・エンドユーザーへの変化 病院図書館 18(2)34-37,1998
Internet Grateful Med [http://igm.nlm.nih.gov/
NCBI PubMed [http://www.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed/
BioMedNet [http://biomednet.com/db/medline/
Medscape [http://www.medscape.com/
Dr Felix's free MEDLINE page [http://www.docnet.org.uk/drfelix
HealthGate [http://www.healthgate.com/HealthGate/MEDLINE/search-advanced.shtml