CA1121 - BL、新館への移動を開始 / 中山森爾

カレントアウェアネス
No.212 1997.04.20


CA1121

BL,新館への移動を開始

英国図書館(BL)のセントパンクラス新館への移転が1996年12月からはじまっている。この移転は人文科学系出版物のコレクションの移動を皮切りに,1997年7月には貴重書の移動がはじまり,1997年11月には新館第1閲覧室(人文科学系)でのサービスを開始することが,タイムスケジュールとしては確定している。コレクションの移動に際しBLでは,詳細な情報を同館のwwwによるインフォメーションサーバーであるPortico(URL:http://www.portico.bl.uk/)で公開していくことに加え,個々のコレクションの移動に関する情報を特設の電話相談でも応じる等,利用者に対するサービス水準の維持に努めたいとしている。

BLでは人文科学系コレクションの移動に約2年半を想定しており,人文科学系コレクションの移動終了後は,引き続き自然科学系の移動に移る計画である。新館への移転は約120万冊の図書,マニュスクリプト等からなるコレクションだけでなく,約1千人に上るスタッフの移動をも意味している。そして今世紀の末までには,セントパンクラス,コリンデールにある新聞図書館,ボストン・スパの文献供給センター(BLDSC)の3館体制でサービスを提供したい考えである。

これに伴い,これまでBLと大英博物館のどちらに帰属するかに関心が集まっていた円形閲覧室(Round Reading Room)は,大英博物館への返還が確実となり,セントパンクラスへのコレクションの移動とともに,ここでの閲覧は行われないこととなった(CA711,CA990参照)。

セントパンクラスへの移転は単なるコレクションとスタッフの移動にとどまるものではなく,これを機にBL内では組織のあり方の見直しが進められている。考え方の基本は,これまでの長い年月を経て官僚主義的な弊害に陥っている現在のシステムを,利用者により焦点のあったサービスが出来る体制へ再編成することにある。既に1996年8月にはこれまで13あった部局が11に減じられた。さらにセントパンクラスへの移動までにこれを9にするとの計画である。

「現在ロンドン周辺で20数カ所の建物に分かれて行われているサービスに比較すれば,一ヵ所の大規模施設で行う方が優れているのは明らか」「新たな組織では来館・非来館を問わず,可能な限り最高水準のサービスを利用者に提供していきたい」とブライアン・ラングBL館長は語る。

BLDSCと連携したサービスを探るなど,すでに各部局を越えて,新たなサービス体制づくりが始まっているようであるが,その一方で再編成に対する疑問の声もある。現在独立した部局である自然科学レファレンス・情報サービス局は,セントパンクラスでは利用者サービス・コレクション開発局の一部に再編されるが,これに関連して,現在まで多大な貢献をしてきた実績もあり,既に国家的な資源ともいえる同部局のサービス水準が質的に維持できるのかといった不安の声が,内部から聞こえてくるのも事実だ。またセントパンクラスでは,たとえ建物全てが完成しても,需要に対して物理的な席数が足りないとの試算もある。

これらの疑問をラング館長は,マネジメントにより膨らみがちな費用をどう扱うかの問題であると否定する。その上で「ほかの政府関連予算の置かれている状況と同じように,BLに対する補助金も予想を上回る勢いで減っている」ことを指摘し,むしろ財政的資源の少ない現状では,BL自身がいかにして財政に貢献できるかとの視点の転換が求められているとの見解を示している。

中山 森爾(なかやましんじ)

Ref: Owen, Tim. Management shake-out as BL prepares to move. Information World Review 14-15, 1996.11
Day, Alan. Reading Room's future secured. New Library World (1131) 27-28, 1996
"Moving to St. Pancras," http://portico.bl.uk/st-pancras/news/moves/moves-1.html(1997.1.7)