米カンザス大学による電子書籍のDemand-Driven Acquisitionの事例報告(記事紹介)

Elsevier社のニュースレター“Library Connect”の2012年7月号(10巻2号)に、米カンザス大学図書館のLea Currie氏が執筆した“A demand-driven acquisition model based on price”という記事が掲載されています。Demand-Driven Acquisition(DDA)をテーマとしたもので、2010年に冊子体書籍のDDAを試行した同館が、Ebook Library(EBL)社のプログラムによってその範囲を電子書籍へも拡大した取組みについて報告しています。

A demand-driven acquisition model based on price
http://libraryconnect.elsevier.com/articles/marketing-advocacy-roi/2012-07/demand-driven-acquisition-model-based-price

Library Connect, July 2012
http://libraryconnect.elsevier.com/newsletters/2012-07/evolving-collections-services-july-2012

参考:
E1310 - 大学図書館に広がる電子書籍のPatron-Driven Acquisitions | カレントアウェアネス・ポータル
http://current.ndl.go.jp/e1310