E1310 - 大学図書館に広がる電子書籍のPatron-Driven Acquisitions

カレントアウェアネス-E

No.218 2012.07.12

 

 E1310

大学図書館に広がる電子書籍のPatron-Driven Acquisitions

 

 “PDA”と呼ばれる電子書籍の購入方法が米国の大学図書館を中心に広がりつつある。

 PDAは“Patron-Driven Acqusitions”の略であり,「利用者主導型購入方式」などと訳されている。呼び表し方は様々で,“Purchase On Demand”“Demand-Driven Acquisitons”“User-Initiated Collection Development”などと言われることもある。

 PDAは,図書館における選書の一形態であり,図書館側だけで資料を選ぶのではなく,利用者が希望あるいは実際に利用したものを購入する(または購入の検討を行う)というものである。PDAの対象には紙媒体の資料も含まれているが(ILLで申込があった資料を購入する),以下では電子書籍のPDAについて紹介する。

 電子書籍のPDAでは,図書館員が事前に選択したタイトルをOPACに登録しておき,それらに対して一定数または一定時間の利用がされた場合に自動的に購入されるという流れになる。書誌レコードは電子書籍ベンダから提供される。利用者にとってはそれらPDA対象タイトルと図書館で導入済みのタイトルの区別はつかない。図書館によって資料が購入・整理されるのを待つことなく即座に利用できるという点が電子書籍のPDAの大きな特徴である。

 PDAというしくみの利点として,コスト効率のよい蔵書構築ができることや利用者の満足度が高くなること,購入した書籍の回転率が高いことなどが挙げられている。一方で,蔵書のバランスが崩れる可能性や長期的な影響など懸念も指摘されている。

 電子書籍のPDAプログラムは1998年にNetLibraryが導入し,現在ではebrary,OverDrive,MyiLibrary,EBL,YBP Library Services等の電子書籍サービスにも広がっている。なかでもebraryは,PDAを含めた複数の購入モデルを組み合わせることによる戦略的な電子書籍導入方法を推奨するなど積極的な姿勢を見せている(同社の2012年6月の発表によると顧客の45%が複数のプランを組み合わせている)。

 では実際にどのくらいの図書館が電子書籍のPDAを利用しているのだろうか。2010年3月に米国の250の大学・研究機関の図書館を対象に行われた調査によると,32機関がPDAを実施しており,その88%が満足していると回答したという。加えて,42機関が2010年中,90機関が3年以内にPDAを開始する計画を立てていた。また,PDAによる大学出版への影響を調査している研究グループが2012年6月に発表した資料では,PDAを導入している図書館は約400~600館程度で,過去18か月で2倍に増加しており,市場規模としては全体で約2,000万ドルと推測されている。

 2012年は米国の大学図書館界で電子書籍のPDAが一つの流れになっている。Education Advisory Boardによる報告書「大学図書館を再定義する」(E1255参照)は「デジタルコレクションの活用」の一項目として「電子書籍のPDAによってジャストインタイムの資料購入が可能となる」としている。また,大学・研究図書館協会(ACRL)は「2012年における大学・研究図書館の10のトレンド」(E1306参照)のひとつとして電子書籍のPDAを挙げ,大学・研究図書館において標準になりつつあると紹介している。さらに6月には米国情報標準化機構(NISO)が,紙・電子等の媒体や館種を問わないDemand-Driven Acquisitionに関する推奨事項の検討に向けて動き始めた。

 PDAについて深く理解するためには,その歴史や成功事例,問題点などを知る必要がある。それにはまず,2011年に刊行された“Patron-Driven Acquisitions: Current Success and Future Directions”(Collection Management誌35巻3・4号のPDA特集を書籍化したもの)と“Patron-Driven Acquisitions: History and Best Practices”という2冊の書籍が参考になるだろう。その他,“No Shelf Required”や“Scholarly Kitchen”といったブログでもPDAがよく取り上げられている。

(関西館図書館協力課・林豊)

Ref:
http://dx.doi.org/10.1080/01462679.2010.486957
http://dx.doi.org/10.1080/01462679.2010.486964
http://www.slideshare.net/amandafoster/patrondriven-acquisitions-recommendations-for-the-university-library
http://www.ebrary.com/corp/newspdf/ebrary_customer_diversification.pdf
http://www.stm-assoc.org/2010_04_27_Spring_Conference_Lenares_Patron_Driven_Acquisition.pdf
http://www.usaco.co.jp/u_news/un2fc212.html#topics
http://scholarlykitchen.sspnet.org/2011/10/04/book-publishers-and-patron-driven-acquisition-announcing-a-research-project/
http://www.slideshare.net/aaupny/aaup-2012-pda-and-the-university-press-j-esposito
http://www.niso.org/news/pr/view?item_key=c159438bba2d660a0da2b2359ce62a8d70cbc590
http://www.tandfonline.com/toc/wcol20/35/3-4
http://www.routledge.com/books/details/9780415618700/
http://www.degruyter.com/view/product/174233
http://www.libraries.wright.edu/noshelfrequired/category/business-models/pda-business-models/
http://scholarlykitchen.sspnet.org/tag/patron-driven-acquisitions/
E1255
E1306