「日本版フェアユース」について審議会のワーキングチームが報告書を提出

2010年1月20日に開催された文化審議会著作権分科会の法制問題小委員会に、著作権法上の「権利制限の一般規定」(日本版フェアユース)についてのワーキングチームによる報告書が提出されました。議論のたたき台として、導入の必要性と検討課題についてまとめられたもので、一般規定の内容については、利用行為を5つに分けて検討しています。

報告書(概要)
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/housei/h21_shiho_07/pdf/shiryo_3_1.pdf

報告書
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/housei/h21_shiho_07/pdf/shiryo_3_2.pdf

文化審議会著作権分科会法制問題小委員会(第7回)議事録(2010年1月20日)
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/singikai/housei/h21_shiho_07/gijiyoshi.html

「日本版フェアユース」の対象は 報告書まとまる(2010/1/20付けITMediaNewsの記事)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1001/20/news087.html

参考:
E895 - 「日本版フェアユース規定」導入の議論と図書館への影響
http://current.ndl.go.jp/e895