CA1249 - 図書館の民間委託−リバーサイドカウンティ公共図書館− / 大島康作

カレントアウェアネス
No.236 1999.04.20


CA1249

図書館の民間委託−リバーサイドカウンティ公共図書館−

米国カリフォルニア州南部のリバーサイドカウンティは,25の分館からなるその図書館システムの運営を,86年もの間リバーサイド市に委託してきた。しかし,両者の関係は1997年6月をもって終止符を打ち,リバーサイドカウンティは新たに公開入札により1997年9月1日からLSSI(Library Systems & Services Inc.)社に運営を全面委託した。

LSSIは収集・整理・業務機械化等の図書館業務の受託業者で,これまでにも米国議会図書館の逐次刊行物目録の遡及変換や,スミソニアン博物館の索引作成等を行ってきた。今回の契約は2年間にわたり各年535万ドルでリバーサイドカウンティの図書館を運営するというもので,公共図書館が全面委託される米国初のケースとなった。

リバーサイド市への委託が解消された背景には,厳しい財政難があった。1993年以降,州政府がカウンティへの補助金を大幅に削減した。さらに,財産税が図書館から学校に振り向けられたために,カウンティの図書館予算は1,000万ドルから600万ドルへと40%も削減された。

委託契約締結後,LSSIはまず,100人を越える現在の職員を現在の給与で引き続き雇用すると発表した。さらに,図書購入予算を14万4,000ドルから18万ドルに増やし,また,利用時間の延長も打ち出した。こうした業務の増大に対応するために,職員も増員した。

リバーサイドカウンティに先立ち,ハワイ州立図書館も資料選択業務を書籍取次業者のベイカー&テイラー(B&T)社に委託していたが,こちらの方は1997年7月ハワイ州がB&Tに対しこの契約の破棄を伝えるという結果に終わり,以後の資料選択は図書館が責任をもってあたることになった。B&Tによる納入業務の遅れや,資料選択が不適切であるとの批判が直接的原因であったが,さらには強引に委託を決めたケーン(Bert Kane)館長のやり方に対する不信感も背景にあったようだ。

ハワイのケースではすべての権限をまるごと引き渡してしまったが,リバーサイドカウンティは館の経営を適切に監督するために,いろいろ配慮している。まず,館長職を設け,前リバーサイド市立図書館長を起用した。彼は契約が正しく履行されているか監督し,また,カウンティ,州,LSSI間の調整役として活動することになった。また,ロビンソン(Charles Robinson)前ボルチモア・カウンティ公共図書館長をはじめとする専門家からなる委員会が,LSSIの運営計画に対し助言を行う。予算面からは,630万ドルの図書館関係予算のうち,100万ドルはカウンティが保有し,館長の給与や施設維持費等のために支出される。

このような契約のもと1年が経過した現在,状況はどうなのであろうか。

契約事項の多くは予定通り実行されている。利用者・行政当局からは,開館時間の増加,職員の増員等について良い評判を得ている。利用者にとっては「より利用しやすくなるのであれば,その運営主体には大きな関心はない」という状況である。業務委託に反対であった職員達も,この一年で多くの前進があったことを認めている。

しかし,民間への委託が成功したと見るのは時機尚早である。例えば,開館時間は増加したとはいえ,どうにか開いているという程度である。児童サービス担当の司書は日本の四国に匹敵する広さのカウンティ全体に対し7人に過ぎない。図書館予算が今後増額される可能性は少ない。資料費が増額されたとはいえ,住民1人当たりの図書館予算は全米でも最低レベルのままである。根本的な点では問題が解決したとはいえないのである。

現在のところLSSIは図書館運営に積極的であり,ミシガン州マンローカウンティ公共図書館の前館長をリバーサイドカウンティ図書館担当の責任者に任命したほか,さらに幾つかの図書館と運営委託の契約を結び,リバーサイドカウンティをそのモデルケースと位置づけている。しかし,今後,現在の契約では企業として業務が維持できなくなった時,あるいは,単に契約を延長しなっかたらどうなるのか等の不安は残されたままである。

委託先は図書館専門業者であり,輝かしい経歴を持つ専門職員が経営に関与するなど,民間委託といっても,図書館の専門性に対する配慮はわが国とは桁違いである(似たようなことを試みている専門業者はわが国にも存在するが)。しかし,そのようなケースですら,委託の正否は未だ結論が出ていないというべきであろう。

大島 康作(おおしまこうさく)

Ref: Los Angeles Times 1997.8.11
Riverside Library System divorce final on July 1. Am Libr 28(2) 25, 1997
Riverside County puts library services up for bid. Am Libr 28(5) 17-19, 1997
CA PL first to outsource all operations to private vendor. Libr J 122(12) 12-13, 1997
Hawaii terminates outsourcing contract. Am Libr 28(7) 15-18, 1997
One year later: management in Riverside County, California. Sch Libr J 44(7) 13-14, 1998
LSSI to operate Riverside County Free Library System [http://www.pwl.com/lssi/news2.html] (last access 1999.3.17)
Award-winning library director tapped as Vice President for LSSI West Coast Operations. [http://www.pwl.com/lssi/news3.html] (last access 1999.3.17)