火災で同性愛本90冊が被害−米国・シカゴ公共図書館

米国のシカゴ公共図書館で去る6日、約100冊の蔵書が火災で焼ける事件がありましたが、調べによると被災した100冊のうち約10冊はアフリカ系米国人の歴史に関する蔵書、残りの約90冊は同性愛に関する本であったそうです。
シカゴでは、火災のあった日の直前に同性どうしの結婚を禁止する法案が否決されたこと、また直後に同性愛主義者が集まるイベントを行う予定であったことから、今回の火事は同性愛に反対する人による放火ではないかとも言われていました。しかし実際には、図書館員の対応に腹を立てたホームレスの女性が放火したもので、同性愛に関する本が収められている場所が焼けたのは偶然であったとのことです。

Fire in Chicago Library Damages 90 Gay Books. Library Journal.
http://www.libraryjournal.com/article/CA6346406.html
Police: Library arsonist wasn't targeting gays. Chicago Tribune.
http://www.chicagotribune.com/news/custom/
newsroom/chi-060622books-burned,1,152050.story?ctrack=1&cset=true

Homeless Protest Behind Gay Book Fire.
http://www.365gay.com/Newscon06/06/062306arson.htm