カナダの出版団体Booknet Canada、オーディオブックの利用実態調査の結果を発表

2020年6月8日、カナダの出版団体Booknet Canadaが、同国におけるオーディオブックの利用実態調査報告書“Press Play: Audiobook Use in Canada 2020”を公表しました。2年に1度実施している調査で、英語を話しオーディオブックを利用する成人500人を対象に行われました。

プレスリリースでは、

・2018年調査で毎日利用しているとの回答者が7%であったものが、今回の調査では、24%が毎日1回やそれ以上利用していると回答。

・何をしているときに利用しているかについての調査では、通勤・通学時が37%、家事が37%、散歩26%等となっている一方、38%はオーディオブックだけを利用していると回答。

・オーディオブックの探し方では、友人・図書館員・書店・SNS等からの提案が38%、「読了」した本の著者の別のタイトルが30%、冊子体や電子書籍で読んだ本をオーディオブックで利用したとの回答が17%。

・オーディオブックの入手方法では、38%が無料でのダウンロードやストリーミング、34%がオンラインでの購入、40%が公共図書館での貸出と回答。購入している回答者の31%はサブスクリプションサービスを利用。図書館でのオーディオブックの貸出は2018年から2019年にかけて32%増加(OverDrive社の調査)。18歳から24歳までの回答者の82%はデジタル形態の、65歳以上の回答者の37%は物理的な形態のオーディオブックを好む。

・デジタル形態と物理的な形態を合わせたオーディオブックの入手先はAmazonがトップ(51%)で、図書館が次ぐ(48%)。

・オーディオブック利用のためのスマートフォンの使用は2016年調査の45%から67%へと増加。

・回答者の25%が英語以外のオーディオブックを利用している。

・「本」の行動履歴からは、2019年の全ての購入の内でオーディオブックは5%をしめており、2018年に比べると34%増加している。

等といった結果が紹介されています。

Press Play, BookNet's study on audiobook use is here(Booknet Canada,2020/6/8)
https://www.booknetcanada.ca/blog/2020/6/8/press-play-booknets-study-on-audiobook-use-is-here

Press Play: Audiobook Use in Canada 2020
https://www.booknetcanada.ca/press-play-audiobook-use-in-canada-2020

参考:
カナダの出版団体Booknet Canada、電子書籍の利用実態調査の結果を発表
Posted 2018年7月26日
https://current.ndl.go.jp/node/36398

奈良市立図書館及び八王子市立図書館(東京都)、オーディオブック配信サービスを開始:通勤・通学時の読書機会の拡大や読書バリアフリー法への対応
Posted 2020年6月2日
https://current.ndl.go.jp/node/41108