3. 平成16年度 調査報告 3.4. 再生確認

3.4.再生確認

3.4.1.エミュレーションおよびファイル形式変換の概要

 電子資料の長期的な再生手段を確保するための対策といわれているエミュレーションとファイル形式変換を実施し、その効果と問題点を調査した。

 電子資料に含まれるプログラムは、特定のOS上で動作することを前提に作成されている。このOS自身も、特定のハードウェア上で動作することが前提となっている。ここで、電子資料の長期保存を考える際、ハードウェアの寿命を考えることが極めて重要である。仮に電子資料のプログラムを数十年から数百年の間保存することができるとしても、ハードウェアがなければ再生することが不可能だからである。このような問題を回避するためには、エミュレーションという作業を行うことが有効であると一般に考えられている。

 エミュレーションとは、エミュレータと呼ばれるアプリケーション・ソフトウェアをハードウェアに搭載することによって、別のハードウェアと同等の環境を擬似的に再現することである。すなわち、エミュレータを搭載することによって、新しいハードウェアに古いハードウェアの真似をさせるということである。この調査では、最新のハードウェアにエミュレータを搭載し、その環境下でプログラムを含む電子資料を動作させ、正常な再生が可能であるかどうかを確認した。

 一方、データのみの電子資料は、特定のOS環境ではなく、特定のアプリケーション・ソフトウェアで再生されることを前提として作成されていることが多い。このアプリケーション・ソフトウェアが将来、販売やサポートの中止により、最新環境で稼動しなくなると、それにともなってデータのみの電子資料も再生できなくなってしまう。この問題を回避するためには、別のアプリケーション・ソフトウェアでも再生ができるように、あらかじめファイル形式を変換しておくことが有効である。この調査では、データのみの電子資料には、ファイル形式の変換、およびこれと同等の技術であるマルチファイルビューワによる再生を試みた。

 この調査では、プログラムを含む電子資料を、該当の電子資料を再生するためにその電子資料もしくは同一シリーズの電子資料に限定したアプリケーション・ソフトウェアが必要な電子資料とした。

 一方、データのみの電子資料を、頒布されているもしくは頒布されていたアプリケーション・ソフトウェアを用いて再生する前提で作成された電子資料(26)とした。


3.4.2.エミュレーションによる再生確認

3.4.2.1.再生確認方法

 市販のエミュレータ(27)を使用して旧式OSが稼働するためのゲストOS環境(28)をOSの種類ごとに用意した。ここに旧式OSをインストールし、電子資料の再生に必要な旧式のOS環境を構築した。

 再生確認を行うサンプルとして、マイグレーションによりハードディスク上に作成された電子資料から、プログラムを含むものを100点(29)選んだ。

 再生確認の方法は、電子資料毎に実際に起動させることで、以下のような機能種類の有無を調査し、それぞれの機能ごとに再生結果を確認(30)した。


表3.4-1 エミュレーション再生確認内容
表3.4-1 エミュレーション再生確認内容

※ No.1のインストールが正常に終了できなかった電子資料については、No.2の起動画面の確認は実施していない。また、No.3〜No.10に関する機能の有無調査は、No.1のインストールならびにNo.2の起動画面が再生確認できなかった電子資料については実施していない。


3.4.2.2.再生確認結果

 対象の電子資料100点での再生確認結果を以下に記述する。一部不完全とは、音声に雑音が混ざるなど、再生はできるものの一部の機能に問題がある資料である。また、再生不能とはインストールが失敗する、または起動画面も表示されない資料である。


図3.4-1 エミュレーションによる再生結果
図3.4-1 エミュレーションによる再生結果

3.4.2.3.OS別の再生結果

 各電子資料の稼働OSは、対象の電子資料の取扱説明書などに記載された情報から決定した。複数のOSが稼動OSとして記されている場合は、以下の基準で稼動OSを選択した。

(1) より新しいOSを選ぶ
 たとえば、Windows95、Windows98という記述があるときはWindows98とする。

(2) より一般的なものを選ぶ
 たとえば、Windows9x系とNT系の双方の記載があるときは、Windows9x系とする。


 この結果、調査においてプログラムを含む電子資料が動作するOSの分布状況は以下の通りとなった。


図3.4-2 エミュレーション対象OS分布状況
図3.4-2 エミュレーション対象OS分布状況


 次に稼働OS別の再生結果を記述する。


(1)Windows98

 ゲストOS環境にWindows98をインストールして再生環境を構築し再生確認を行った。Windows98は、比較的に新しいOSであることもあり、再生不能なものは1点もなかったが、一部不完全なものが1点あった。


図3.4-3 Windows98の再生結果
図3.4-3 Windows98の再生結果


表3.4-2 Windows98・電子資料毎の再生結果
サンプル IDインストール起動画面指示に対する動作静止画像動画音声計算、判定検索抽出データ記録その他再生結果
P01      
P02     
P03   
P04      
P05   
P06   
P07    
P08     
P09   
P10     
P11     
P12      

○: 再生OK、△:一部不完全、×:再生NG、−:機能有無未確認、空白:機能なし


表3.4-3 Windows98の不具合状況
表3.4-3 Windows98の不具合状況


図3.4-4 Windows98の不具合状況
図3.4-4 Windows98の不具合状況


(2)Windows95

 ゲストOS環境にWindows95をインストールして再生環境を構築し再生確認を行った。Windows95では音声の問題が最も顕著であった。再生不能の資料は、すべてオープニング画面表示のタイミングでエラーが発生した。一部不完全なものはほとんどが音声の問題(雑音、再生速度の乱れ)であった。


図3.4-5 Windows95の再生結果
図3.4-5 Windows95の再生結果


表3.4-4 Windows95・電子資料毎の再生結果
サンプル IDインストール起動画面指示に対する動作静止画像動画音声計算、判定検索抽出データ記録その他再生結果
P13    
P14     
P15     
P16   
P17     
P18     
P19     
P20     
P21      
P22      
P23     
P24     
P25     
P26××
P27     
P28     
P29      
P30   ××
P31    
P32   
P33  
P34     
P35    
P36     
P37    
P38     
P39    
P40     
P41××
P42    
P43     
P44     
P45     
P46     
P47     
P48××
P49     
P50   
P51    
P52   
P53      
P54    
P55     
P56     
P57××
P58      
P59  × 
P60     
P61     
P62     
P63    
P64     
P65    
P66××
P67    

○: 再生OK、△:一部不完全、×:再生NG、−:機能有無未確認、空白:機能なし


表3.4-5 Windows95の不具合状況
表3.4-5 Windows95の不具合状況


図3.4-6 Windows95の不具合状況
図3.4-6 Windows95の不具合状況


(3)Windows3.1およびDOS

 ゲストOS環境にDOS(J6.1/V)とWindows3.1をインストールして再生環境を構築し再生確認を行った。Windows3.1およびDOSでは再生環境を構築するときに以下の問題が発生したため、完全に再生できた電子資料が極端に少ない結果となった。

(1) 画面の問題
 Windows3.1およびDOS用のゲストOS環境ではエミュレータがVGA(640×480ドット、16色)のみをサポートしている。そのため、正常に再生させることはできなかった。

(2) 音声の問題
 ゲストOS環境のサウンドボードに対応したWindows3.1およびDOS用のドライバーが入手できなかった。そのため、音声を再生することはできなかった。


図3.4-7 Windows3.1 & DOSの再生結果
図3.4-7 Windows3.1 & DOSの再生結果


表3.4-6 Windows3.1 & DOS・電子資料毎の再生結果
サンプル IDインストール起動画面指示に対する動作静止画像動画音声計算、判定検索抽出データ記録その他再生結果
P68××
P69     
P70××
P71××
P72××
P73 ×    
P74 ×    
P75 ×   
P76××
P77×    
P78×    
P79×    
P80××
P81××
P82×   
P83×    
P84××
P85     
P86×    
P87×   
P88×    
P89×    
P90×    
P91×    
P92×    
P93×    
P94××
P95×  
P96×  
P97××
P98 ×    
P99   
P100××

○: 再生OK、△:一部不完全、×:再生NG、−:機能有無未確認、空白:機能なし


表3.4-7 Windows3.1 & DOSの不具合状況
表3.4-7 Windows3.1 & DOSの不具合状況


図3.4-8 Windows3.1 & DOSの不具合状況
図3.4-8 Windows3.1 & DOSの不具合状況


3.4.3.ファイル形式変換、マルチファイルビューワを使用した再生確認

ハードディスクへマイグレーションを実施した電子資料からデータのみの電子資料をサンプルとして100点(31)を選択し、ファイル形式変換プログラムを用いた変換と再生確認およびマルチファイルビューワを用いた再生確認を行った(32)


3.4.3.1.再生確認

(1)電子資料の種類

サンプルとしたデータのみの電子資料100点の内容を調査すると、以下の4つに大別されることが判明した。

(1) 素材集など
 多種多様なファイル形式を含むが、それぞれのファイルの関連性がなく、個別に再生するもの。電子資料に含まれる多数のファイルから、利用したい1ファイルを取り出して使用する。

(2) ブラウザで再生するHTML文書
 HTML形式のファイルは、HTMLファイル単独ではなく、様々な形式のデータファイルを組み合わせて、関連付けて再生される。HTML形式ファイル同士のハイパーリンクによる関連付けのほか、画像・動画・音声・その他アプリケーション・ソフトウェアのデータも組み合わせて使用するものが少なくない。

(3) 電子書籍・辞書
 電子書籍類は、データ本体とその制御情報によって構成されている。付随する制御情報によって、データの内容に合わせた表現が行われたり、データの検索を行えるようになっている。EPWING(JIS-X4081「日本語電子出版検索データ構造」)や、J-BISC(国立国会図書館蔵書目録)が該当する。

(4) その他
 上記いずれにも当てはまらないもの。たとえば、PDFデータに動画ファイルが付随しているものなどがあった。


図3.4-9 データのみの電子資料の分類
図3.4-9 データのみの電子資料の分類


 ファイル形式変換プログラムによるファイル形式変換は1ファイルごとに行われる。そのため、「(2)ブラウザで再生するHTML文書」は、ファイル形式変換すると連携している他ファイルとの関連が失われ、1ファイルごとに変換することはできても、元のコンテンツの形で再生することはできなくなる。また、「(3)電子書籍」は、制御情報を参照しながらデータ本体を再生するという、密接なデータの連携があるため、いずれかのファイルを取り出して利用することができない。つまり、「(2)ブラウザで再生するHTML文書」と「(3)電子書籍」についてはファイル形式変換を行うことは困難である。

 マルチファイルビューワも1ファイルごとに表示が行われる。そのため、ファイル形式変換と同様の理由で「(2)ブラウザで再生するHTML文書」と「(3)電子書籍」は再生することができない。


(2)電子資料に含まれるファイル形式の種類

 ファイル形式には様々なものがあるが、規格化された形式と規格化されていない形式とに分けることができる。規格化され、仕様が公開されているファイル形式のものであれば、これに対応するアプリケーション・ソフトウェアが複数存在し長期的な再生も比較的容易に達成できると思われる。したがって規格化された形式のものであればファイル形式変換を行う必要性は低い。ファイル形式変換を行うことが相応しいファイルが含まれている電子資料を特定するために、全ての電子資料について、それが含むファイル形式を調べた。

 電子資料に含まれる全てのファイル形式を列挙することは困難であるために、下表ではファイル形式をHTML、画像、動画、音声、マイクロソフト・オフィス文書(以下、オフィス)、テキスト、電子書籍、その他に分類し、さらに分類毎に規格のあるファイル形式と規格のないファイル形式に分けている。規格の有無については、データの形式や書式が公開され、データを作成するための規格が存在するものとした。

表3.4-8 電子資料に含まれるファイル形式の種類
サンプルID分類HTML画像動画音声オフィステキスト電子書籍その他
規格あり規格なし規格あり規格なし規格あり規格なし規格あり規格なし規格なし規格あり規格なし規格あり規格なし規格あり規格なし
D01電子書籍              
D02素材集              
D03素材集             
D04電子書籍              
D05素材集             
D06素材集             
D07素材集             
D08素材集             
D09電子書籍             
D10素材集             
D11電子書籍            
D12ブラウザ            
D13ブラウザ              
D14ブラウザ            
D15電子書籍             
D16ブラウザ              
D17電子書籍            
D18電子書籍            
D19素材集           
D20その他              
D21ブラウザ             
D22ブラウザ            
D23ブラウザ            
D24その他            
D25その他             
D26その他             
D27ブラウザ             
D28その他             
D29ブラウザ        
D30その他           
D31その他            
D32ブラウザ           
D33ブラウザ      
D34ブラウザ            
D35ブラウザ       
D36ブラウザ            
D37その他            
D38ブラウザ       
D39電子書籍            
D40電子書籍              
D41ブラウザ             
D42その他             
D43ブラウザ            
D44その他          
D45ブラウザ           
D46ブラウザ            
D47素材集             
D48電子書籍         
D49その他           
D50電子書籍             
D51ブラウザ             
D52ブラウザ             
D53ブラウザ       
D54電子書籍          
D55その他              
D56ブラウザ           
D57その他           
D58電子書籍             
D59ブラウザ              
D60その他             
D61ブラウザ            
D62その他            
D63電子書籍             
D64素材集           
D65ブラウザ             
D66ブラウザ          
D67その他             
D68その他           
D69電子書籍            
D70その他         
D71ブラウザ      
D72ブラウザ        
D73ブラウザ              
D74その他            
D75ブラウザ     
D76ブラウザ          
D77その他            
D78その他             
D79ブラウザ           
D80ブラウザ             
D81その他            
D82その他            
D83ブラウザ            
D84ブラウザ             
D85その他              
D86ブラウザ            
D87ブラウザ             
D88電子書籍           
D89ブラウザ          
D90電子書籍             
D91ブラウザ              
D92ブラウザ         
D93その他            
D94ブラウザ            
D95ブラウザ           
D96ブラウザ            
D97その他             
D98その他              
D99素材集           
D100その他             

○:対象ファイル形式が含まれることを表している。

 表3.4-8における、ファイル形式と分類の対応を下表に示す。

表3.4-9 ファイル形式の分類
分類規格の有無ファイル形式の種類左記形式を含む電子資料の点数
HTML規格ありHTML(33), CSS, VRML, JavaScript, MIDI(34)など45
規格なしDirector(35), Flash, QuickTime(36)など9
画像規格ありBMP, GIF, JPEG, WMF, アイコン, PhotoCD, PostScriptなど33
規格なしAI(37), PCX, sgi4
動画規格ありAVI, MPEG7
規格なしQuickTime, Director(38), ScreenCamなど18
音声規格ありWAVE, AU, MIDIなど13
規格なしEUP, FMB, PMB1
オフィス規格なしDOC, XLS, PPT, PPS, MDB(39)21
テキスト規格ありTEXT, C, CSV, SQL, TeXなど69
規格なしVBP, FRM4
電子書籍規格あり電子ブック(40), EPWING12
規格なしエキスパンドブック(41), DTONIC, J-BISC5
その他規格ありFONT(42), CAB, HELP, ZIP, Rich Text Format, GZ, BinHex, 航海用電子海図(43)など41
規格なしPDF, AutoCAD, 一太郎, 花子, Lotus123など36

(3)変換・再生対象の検討

 PDF形式のデータについては、電子文書のデータ形式として一般に広く普及しており、再生が容易で中長期的には問題が出にくいと考えられるために、規格化されたファイル形式と同様に扱うことが適切であると思われる。以上を踏まえ、ファイル形式変換を行う対象は、素材集とその他の電子資料のうち、規格化されていない形式のファイル(PDF形式を除く)で構成される電子資料とした。マルチファイルビューワでの再生対象も同様のものとした。

表3.4-10 電子資料の点数およびファイル形式変換対象
分類点数規格ありまたはPDF形式の点数変換・再生の対象点数
素材集など1192
その他の電子資料281513

 以上により、ファイル形式変換プログラムおよびマルチファイルビューワを適用する対象の資料点数は、15点となった。


(4)再生確認結果

 対象となった電子資料についてファイル形式変換プログラムおよびマルチファイルビューワを適用した結果は以下の通りである。

表3.4-11 ファイル形式変換・マルチファイルビューワによる再生結果
分類変換・再生の対象点数形式変換およびマルチファイルビューワ再生成功点数いずれも失敗した点数
素材集など211
その他の電子資料13112

 ファイル形式変換およびマルチファイルビューワによる再生に成功した電子資料はいずれも同じ電子資料で、含まれていたファイル形式はDOC(Microsoft Word 文書)形式およびXLS(Microsoft Excel ブック)形式であった。ファイル形式変換プログラムで変換した形式はPDF形式で、問題なく再生することができた(44)

3.4.3.2.アプリケーション・ソフトウェアの入手可能性

 ファイル形式変換、マルチファイルビューワを使用した再生確認では適用できる電子資料自体が少ないことが判明した。デジタルコンテンツの再生は前提としている環境で再生することが、最も作成側の意図した結果を得られる方法である。そこで、サンプルとして選定したデータのみの電子資料100点について、再生に必要なアプリケーション・ソフトウェアを調査し、その入手可能性を調査した。再生アプリケーション・ソフトウェアが指定されていない、あるいは不足している電子資料も存在したが、電子資料の内容を確認することでアプリケーション・ソフトウェアを特定した。


(1)調査方法

 データのみの電子資料100点について、再生に必要なアプリケーション・ソフトウェアを電子資料に付随する取扱説明書などの情報、および電子資料の内容から確認し、入手可能性を調査した。再生アプリケーション・ソフトウェアが指定されていない、またはその情報が記されていない電子資料も存在したが、電子資料の内容を確認することでアプリケーション・ソフトウェアを特定した。

 アプリケーション・ソフトウェアの入手可能性は、メーカーのホームページの情報を元に判断した。メーカーのホームページ上にて販売・配布が確認できたアプリケーション・ソフトウェアは、入手可能とした。メーカーのホームページ上に情報がない、または販売終了となったものは、入手不可とした(45)。フリーウェアや汎用的なファイル形式を使用したものについては、オンラインソフト配布サイト(46)にて再生アプリケーション・ソフトウェアを検索し、入手可能性を調査した。


(2)調査結果

(1) 指定バージョンの入手可能性

 指定されているバージョンのアプリケーション・ソフトウェアの入手可能性は次の通りである。


図3.4-10 指定バージョンの入手可能性
図3.4-10 指定バージョンの入手可能性


 およそ3/4のアプリケーション・ソフトウェアが入手可能であった。この内には、CD-ROMに該当アプリケーション・ソフトウェアを収録している物も含まれる。


(2) 最新バージョンの入手可能性

 指定されているアプリケーション・ソフトウェアの最新バージョンの入手可能性についても調査した。アプリケーション・ソフトウェアの場合は上位互換性が保たれることが多いためである。結果を下図に示す。最新バージョンであれば、ほとんど全てのアプリケーション・ソフトウェアが入手可能であった。


図3.4-11 最新バージョンの入手可能性
図3.4-11 最新バージョンの入手可能性


(3) 入手可能性が低いもの

 最新バージョンのアプリケーション・ソフトウェアであっても入手が困難であり、再生もできなかったファイル形式を含む電子資料は4点あった。

表3.4-12アプリケーション・ソフトウェアの入手が困難なファイル形式
ファイル形式名称アプリケーション・ソフトウェア説明サンプルID
Bamba VideoBamba インターネット・ビデオBamba PlayerIBM社が開発した、インターネット上でビデオ配信をするための動画ファイル。Bamba PlayerやPlug-In等で再生する。D33
PANPanoram FilePanoramIX Plug-InIBM社が開発した、360度パノラマ画像を作成・表示するソフトPanoramIXのパノラマデータファイル。PanoramIX Plug-Inを使用することで、Web上でパノラマ画像を表示することができる。D33
sgiSilicon Graphics Image不明米Silicon Graphics社が開発した、同社製ワークステーション用画像形式。D75
FMB(47)不明不明FM-TOWNSで使われる音声形式。FM音源用。D71
PMB(48)不明不明FM-TOWNSで使われる音声形式。PCM音源用。D71
C4CANDY4ファイルCANDY4(株)アイフォーのCADソフト「CANDY4」で作成された図面データ。D53
CWJクラリスワークス文書クラリスワークスワープロソフトのクラリスワークスで作成された文書ファイル。D53

3.4.4.考察

(1) エミュレーション

(1) エミュレーションの効果

 長期的にはエミュレーションは必須だと思われるが、調査により、現時点ではエミュレーションが特効薬とはならないことが明らかになった。


(2) エミュレータのエミュレーション能力

 調査ではWindows98、Windows95では音声に雑音が混ざるなどの問題が顕著であり、更に、Windows3.1およびDOSでは音声に加えて画像の問題が発生し、結果として完全に再生された割合は約3割となった。これは調査で使用したエミュレータ特有の結果であるかもしれないが、音声などを完全に再現することの難しさを表しているといえる。現時点では、完璧なエミュレーションは困難だと考えざるを得ない。

 また、市販のエミュレータは、より需要の高い環境を再現するように開発される傾向があり、同じエミュレータでもバージョンが上がると旧式OS用のエミュレーション能力が下がる可能性がある。今回の再生結果でも、より古い世代のOSの方が再生できた割合が少ないことにその傾向が現れている。


(3) 長期的アクセス維持手段としてのエミュレータの要件

 電子資料への長期的アクセスを確保するためには、エミュレータは、以下の要件を備えていることが必要である。

● ハードウェア環境やOS環境に依存しないで旧式ハードウェア環境を再現できること

● 各ゲストOSに対応した各種デバイスドライバが入手可能で、旧式ハードウェア環境を再現できること

● エミュレータがバージョンアップされても、旧バージョンがサポートしていた旧式OS環境が新バージョンにおいてもサポートされ続けること

 しかし、通常はエミュレータ自体も特定のOSで動作するために、そのままでは長期的に使いつづけることはできない。このため、エミュレータ上で旧式のエミュレータを動作させることや、多くのハードウェア上で比較的容易に実装可能な仮想マシン上で動作するエミュレータを開発することなどが必要と思われる。


(4) 旧式環境維持の必要性

 長期的にはエミュレーションは避けられないが、ハードウェアやOSなど再生に必要なもの一式を維持しつづけることが、はるかに容易であり、完璧なエミュレータの登場までは必要だと言える。


(2) ファイル形式変換、マルチファイルビューワ

(1) ファイル形式変換の対象

 データのみの電子資料のサンプル100点について調査したところ、ファイル形式変換およびマルチファイルビューワの適用対象となった電子資料は15点と予想外に少なかった。更に変換および再生確認ができた資料は2点と少なかった。対象外となった電子資料の大多数がHTMLなどの複数のファイルが関連性を持ちながらコンテンツとして再生する資料であった。


(2) 電子資料単位の変換

 HTMLなどの複数ファイルが関連性をもつ電子資料に対しては、ファイル単位の変換ではなく電子資料単位で、複数ファイルの関連性が維持されるように変換を行う必要がある。この場合、例えば始点となるファイルを指定するなど、電子資料単位での判断が必要となる。


(3) ファイル形式変換によらないアクセス維持の方法

 現時点では、コンテンツの再生に必要なアプリケーション・ソフトウェアの入手は容易であり、調査では最新バージョンを使用するならばサンプル100点中96点までがそのアプリケーション・ソフトウェアを入手可能であることが分かった。再生に必要なアプリケーション・ソフトウェアは、そのファイル形式の仕様を所有しているメーカーから販売されている場合がほとんどであり、より完全な再生を行うことができると予想される。しかし、上位互換が保たれることが多いと思われるが、最新バージョンのアプリケーション・ソフトウェアで旧バージョンのデータが正しく再生されるかどうかは不明である。また、アプリケーション・ソフトウェアはそれが動作するための環境を必要とするが、この環境を維持しつづけることも課題となる。


(4) 長期的アクセス維持手段としてのファイル形式変換

 データのみの電子資料を再生するためには、必要なアプリケーション・ソフトウェアを入手することが、最も多くのコンテンツの再生を行え、更に完全な再生を行う有効な手段である。ファイル形式変換プログラムやマルチファイルビューワは、今回調査の長期保存の観点では適用可能な対象が非常に限定的であり、長期的なアクセス維持のための手段としては有効性が低いと考えざるを得ない。




(26) 素材集などは、再生専用の固有のアプリケーション・ソフトウェアを収録しているものであっても、一般的なアプリケーション・ソフトウェアで問題なく再生可能であるため、データのみの電子資料に分類した。また、検索用プラグインなどの付随機能のプログラムが同梱されている電子資料も、付随的な機能を除けば一般的なアプリケーション・ソフトウェアで問題なく再生可能であるためデータのみの電子資料に分類した。

(27) 「VMware Workstation 4.5.2」(米国ヴイエムウェア社)を使用した。製品の評価ではなく一般論としての結果を導くことを目的とした。

(28) エミュレータによって再現された各OSが稼働する擬似的なハードウェア環境のこと。

(29) マイグレーション時にサンプルと予備を含めて126点を無作為に選択済である。その中からプログラムを含む電子資料(後出「P」で始まるサンプルIDのもの)を対象として選択した。

(30) 正しい再生のされ方は非エミュレーション環境で確認可能であるが、この調査ではエミュレーション環境でのみ確認した。

(31) マイグレーションした352点の電子資料のうち、データのみの電子資料は110点存在した。この中から無作為に100点(後出「D」で始まるサンプルIDのもの)を選択した。

(32) ファイル形式変換には「リッチ・テキスト・コンバータ2004 for Windows」(アンテナハウス(株))を使用した。また、マルチファイルビューワには「Multi File Viewer自在眼8」(アンテナハウス(株))を使用した。製品の評価ではなく一般論としての結果を導くことを目的とした。

(33) リンクしているGIF, JPEGを含む。

(34) ブラウザ上で再生するもののみを含む。Windows Media Playerなどで再生するものは、音声の分類とした。

(35) Directorの動画のうち、プラグインを使用してブラウザ上で再生するDCR形式のみを含む。

(36) QuickTimeの動画(MOV形式)のうち、Webブラウザ上でQuickTimeプラグインを使用して再生するもののみを含む。QuickTimeプレイヤーなどで再生するものは、動画の分類とした。

(37) AI形式の画像は、内部はEncapsulated PostScriptと同じものであるが、拡張子が異なり、Adobe Illustratorで使用することを前提としているため、別形式とした。

(38) Directorの動画のうち、Director本体やShockwaveプレイヤーなどで再生するDIR,DXR形式のみを含む。

(39) MDBファイルは、読取専用だと使用できないため、ハードディスクなど書き込み可能な場所にコピーし、ファイルのプロパティより読取専用の設定を外す必要がある。

(40) 一般的に「電子ブック」と言われるが、この名称はソニーの商標である。規格名は、EB, EBXAとなる。

(41) エキスパンドブックは、ボイジャー社独自の規格だが、青空文庫で使われるなど、広く普及している形式である。

(42) Windowsフォントは、Windowsシステムフォルダ内にコピーして、他のアプリケーションなどから使用するもので、通常はフォントデータファイルのみを再生することはない。しかし、素材集などには含まれることが多い。

(43) 国際水路機関(IHO)が規定したS-57フォーマット。

(44) 今回変換を行ったファイルには、マクロなどは含まれていなかった。もし、マクロなどが含まれたデータファイルであれば、データ変換を行った場合には、マクロは動作しなくなると考えられる。

(45) 流通在庫および中古市場は考慮していない。

(46) Vector(http://www.vector.co.jp/)を使用した。

(47) FM-TOWNS用のファイル形式であるが、サンプルD71は平成11(1999)年に刊行されたWindows95/98用の電子資料である。

(48) 同上。