キース・リチャーズ氏、ニューヨーク公共図書館で蘭の花をダメにしてしまう

ローリング・ストーンズのギタリストのキース・リチャーズ氏が2010年10月にニューヨーク公共図書館(NYPL)でトークイベントを行った際、控え室となっていたCullman Centerの部屋で、タバコを吸うために窓を開け、灰皿代わりに蘭の花の受け皿を使ったとのことです。窓から入ってきた冷風などにより、蘭の花はダメになってしまったとのことです。リチャーズ氏はその受け皿にサインをしたとのことで、写真が公開されています。

‘Keith Richards Killed My Orchid’(2010/12/8付けNYPLのTumblrの記事。写真あり)
http://nypl.tumblr.com/post/2145422701/keith-richards-killed-my-orchid

Keith Richards Discusses 'Life' and Mick Jagger at the New York Public Library(2010/11/1付けSpinnerの記事)
http://www.spinner.com/2010/11/01/keith-richards-life-memoir/

Keith Richards Turns NYPL Into Smoking Den, Kills Orchid(2010/12/8付けLIS Newsの記事)
http://lisnews.org/keith_richards_turns_nypl_smoking_den_kills_orchid

参考:
キース・リチャーズ、自伝で図書館への思いを語る
http://current.ndl.go.jp/node/16057