E2425 - 2021年IIPC総会・ウェブアーカイブ会議<報告>

カレントアウェアネス-E

No.420 2021.09.16

 

 E2425

2021年IIPC総会・ウェブアーカイブ会議<報告>

関西館電子図書館課・髙峯康世(たかみねやすよ)

 

  国際インターネット保存コンソーシアム(IIPC;CA1893参照)の総会およびウェブアーカイブ会議(WAC;E2182ほか参照)が, 2021年6月14日から16日まで, ルクセンブルク国立図書館の主催によりオンライン形式で開催された。国立国会図書館(NDL)からは筆者がリモート形式で参加した。本稿では, オンライン開催の経緯や会合の内容を報告する。

   2020年5月にカナダのモントリオールで開催が予定されていた2020年IIPC総会およびWACは, 2020年初頭から始まった新型コロナウイルス感染症の世界的な流行を受けて実地での開催が中止となり, 総会のみが2020年6月にオンライン形式で開催された。2021年以降も感染状況の収束が見通せないことから, 2021年の総会およびWACもオンライン形式で行うことが早期に決定された。急遽オンライン形式に変更され縮小開催となった2020年とは異なり, 加盟機関から主催者(ルクセンブルク国立図書館)が選ばれ, 開催期間も2019年と同じWACを含む3日間とするなど, オンライン形式であっても, 可能な範囲で通常時と同様の内容とすることが目指された。

  さまざまなタイムゾーンに点在する世界各地の加盟機関間の時差を考慮し, 全体の開催時間は日本時間の午後から早朝にかけて設定され, 総会などの重要なセッションはアジア・オセアニア向けと欧州・アフリカ・米国向けの時間帯で二度行われた。イベント全体では,世界140以上の機関から300人以上の参加があった。ルクセンブルク国立図書館の主催ということで, オンライン上でもルクセンブルクを疑似体験できるよう, IIPCウェブサイトやオンライン会議システム上に, ルクセンブルク版絵文字「EMOXIES」など同国を紹介するコンテンツが提供された。

  総会は14日に開かれ,筆者はアジア・オセアニア向けの時間帯(1回目)に参加した。新たに締結された2021年から2025年までのIIPC協定の内容や, 新協定に基づく今後5年間の戦略計画, 新たに創設された管理運営ホストに米・図書館情報資源振興財団(CLIR)が指名されたことなど, IIPCの新体制に関する報告がなされた。また, 新型コロナウイルス感染症に関わるウェブ上のコンテンツの共同収集や, OpenWaybackに代わる新たなウェブアーカイブ表示ツールであるPythonWayback(pywb)への移行ガイドの作成状況など, IIPCのワーキンググループによる取組みが報告された。

   WACでは, 15日に開かれた招待パネル“Documenting COVID-19”にオーストラリア国立図書館やシンガポール国立図書館などと共にNDLもパネリストとして招かれ, 筆者が国立国会図書館インターネット資料収集保存事業(WARP)における新型コロナウイルス感染症関連収集の取組みについて簡易な発表を行った。他の発表者からは, SNSにおける新型コロナウイルス感染症に関する発信の保存について言及があり, 感染対策やロックダウンのつらい状況をユーモラスに表現したインターネットミーム(SNS上に広く拡散するコメント付き画像)を収集しているニュージーランド国立図書館の事例などが紹介された。質疑応答では, このようなパンデミックにおいてウェブアーカイブ事業に必要とされるものは何かとの問いに対し, 収集可能な対象の拡大や体制の整備など, 臨機応変な対応を可能とするための普段からの準備が大切である旨の回答があり, 意を同じくした。

  次回のIIPC総会およびWACもオンライン形式で, 2022年6月に開催される予定となっている。

Ref:
“General Assembly”. IIPC.
https://netpreserve.org/general-assembly/
“GENERAL ASSEMBLY & WEB ARCHIVING CONFERENCE 2021”. IIPC.
https://netpreserve.org/ga2021/
“IIPC ONLINE GENERAL ASSEMBLY 2020”. IIPC.
https://netpreserve.org/events/online-ga2020/
“A virtual visit to Luxembourg”. IIPC.
https://netpreserve.org/ga2021/virtual-visit-to-luxembourg/
“Novel Coronavirus (COVID-19)”. Archive-It.
https://archive-it.org/collections/13529
“Support for transitioning to pywb”. IIPC.
https://netpreserve.org/projects/pywb/
“GENERAL ASSEMBLY & WEB ARCHIVING CONFERENCE 2021 SCHEDULE”. IIPC.
https://netpreserve.org/ga2021/wac/
IIPC Consortium Agreement 2021-2025. IIPC.
https://netpreserve.org/resources/IIPC-Consortium-Agreement-2021-2025.pdf
“CLIR Becomes Administrative Home for International Internet Preservation Consortium”. CLIR. 2021-05-18.
https://www.clir.org/2021/05/clir-becomes-administrative-home-for-iipc/
“2020年5月特集 「新型コロナウイルス感染症」”. WARP.
https://warp.da.ndl.go.jp/contents/special/special202005.html
“Documenting life online in Aotearoa during COVID-19”. National Library of New Zealand. 2020-04-07.
https://natlib.govt.nz/blog/posts/documenting-life-online-in-aotearoa-during-covid-19
“From memes to tweets, NZ's online Covid-19 response archived”. Radio New Zealand. 2020-11-11.
https://www.rnz.co.nz/national/programmes/checkpoint/audio/2018772390/from-memes-to-tweets-nz-s-online-covid-19-response-archived
大山聡. 2019年IIPC総会・ウェブアーカイブ会議<報告>. カレントアウェアネス-E, 2019, (377),E2182.
https://current.ndl.go.jp/e2182
前田直俊. ウェブアーカイブの利活用に向けた動き-世界の潮流とWARPの取組-. カレントアウェアネス. 2017, (331), CA1893, p. 9-13.
http://doi.org/10.11501/10317594