国立国会図書館、YouTubeで公開中の遠隔研修教材として「図書館資料の防災対策」を新規追加

2022年9月20日、国立国会図書館(NDL)は、YouTubeで公開中の遠隔研修教材として、新たに「図書館資料の防災対策」を追加しました。

NDLは各種図書館の職員を対象に、YouTubeの「国立国会図書館公式チャンネル」で図書館および図書館情報学に関する研修を動画で提供しています。「図書館資料の防災対策」は、2021年12月21日から2022年1月17日までの間オンデマンド動画配信の形で開催された第32回保存フォーラムにおけるNDL職員の報告を、録画・編集して作成したものです。火災、地震、水災害等、各種の災害から資料を守る「資料防災」への基本的な取り組み方を、予防、準備、対応、復旧の4つのステップに分けて説明しています。

新着情報(NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/news/index.html
※2022年9月20日付で、「遠隔研修教材「図書館資料の防災対策」を公開しました」とあります。

遠隔研修(YouTube)
https://www.youtube.com/channel/UCHpDnv60i1LxOszXgBSE7DA/playlists?view=50&sort=dd&shelf_id=7
※国立国会図書館公式チャンネルの再生リストです。

参考:
国立国会図書館、YouTubeで公開中の遠隔研修教材として「動画で見る資料保存:簡易帙をつくる」を新規追加
Posted 2020年10月28日
https://current.ndl.go.jp/node/42371

国立国会図書館、YouTubeで公開している遠隔研修教材に「資料デジタル化の基礎」「デジタル化資料の権利処理と利活用」など5本を追加
Posted 2019年3月27日
https://current.ndl.go.jp/node/37880

国立国会図書館、YouTubeで遠隔研修教材の提供を開始
Posted 2018年3月28日
http://current.ndl.go.jp/node/35742