埼玉県立図書館、外国人利用者のための「指さしコミュニケーションシート」を作成

2019年6月7日、埼玉県が、埼玉県立図書館において、外国人利用者のための「指さしコミュニケーションシート」を作成したと発表しています。

図書館でよく使う単語や簡単なフレーズが外国語・日本語・ピクトグラムで記載されているシートで、「やさしい日本語」「英語」「中国語」「ポルトガル語」「スペイン語」の5種類のシートが作成されています。

県内の在留外国人が160カ国17万人余となり年々増加していること、および、入国管理法の改正やラグビーワールドカップ、オリンピック・パラリンピックなど今後も外国人の増加が予想されることから、多くの外国人にも図書館を利用してもらうため、また、外国語を話せない職員でも、図書館に来館する外国人とのコミュニケーションが円滑にできるようにするため作成されました。

今後、県内の市町村図書館や学校図書館等での利用の促進や、他の機関の協力を得て他の言語でのシートの作成を目指すとしています。

また、自館用に修正して利用したい場合は、メールにてPublisher版を送付するとしています。

【図書館窓口で活用】外国人利用者のための『指さしコミュニケーションシート』を作成しました。(埼玉県,2019/6/7)
http://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/0607-04.html

指さしコミュニケーションシート(埼玉県立図書館)
https://www.lib.pref.saitama.jp/collection/mcult/multicultural.html#yubisashi

参考:
篠山市立中央図書館(兵庫県)、ベトナム語・ポルトガル語・英語・中国語版の図書館利用案内を作成:外国語資料も新たに購入
Posted 2018年9月7日
http://current.ndl.go.jp/node/36621

E1900 - 『多文化サービス実態調査2015報告書』刊行
カレントアウェアネス-E No.323 2017.04.13
http://current.ndl.go.jp/e1900

E1934 - 東北大学附属図書館の24か国語ベーシックガイド整備事業
カレントアウェアネス-E No.329 2017.07.27
http://current.ndl.go.jp/e1934