【イベント】専門図書館協議会2018年度全国研究集会『“情報氾濫社会”における専門図書館の価値を考える』(6/27-28・東京)

専門図書館協議会の2018年度全国研究集会が、2018年6月27日及び28日に、総合テーマを「“情報氾濫社会”における専門図書館の価値を考える」として開催されます。会場は、東京ウィメンズプラザです。

参加には事前の申し込みが必要です(有料)。

27日には、東京国立近代美術館館長・神代浩氏の記念講演「最近恋をしていますか」が行われ、翌28日には以下の分科会が開かれます。

第1分科会: 利用者のアウトプットを促進する情報リテラシー
第2分科会: 著作権法をめぐる最新の動向2018
第3分科会: 専門図書館をうまく活用するには
第4分科会: 研究成果の発信力強化に向けて:今図書館ができること
第5分科会: 専門図書館とデジタルアーカイブ
第6分科会: 専門図書館をジェンダーの視点で考える~連携の構築をキーワードとして~

6/27・28 平成30年度通常総会・全国研究集会のご案内(専門図書館協議会,2018/4/23)
http://www.jsla.or.jp/h30-soukai/

参考:
CA1514 - 研究文献レビュー:利用者教育-「情報リテラシー」との関わりを中心に- / 野末俊比古
カレントアウェアネス No.278 2003.12.20
http://current.ndl.go.jp/ca1514

国立国会図書館、『調査と情報-ISSUE BRIEF-』で、TPPと著作権法改正についてのレポートを公開
Posted 2016年10月14日
http://current.ndl.go.jp/node/32725

文部科学省、「教育の情報化加速化プラン」を策定
Posted 2016年8月2日
http://current.ndl.go.jp/node/32221

E1915 - JPCOAR「オープンアクセス方針策定ガイド」の公開
カレントアウェアネス-E No.325 2017.05.25
http://current.ndl.go.jp/e1915

物質・材料研究機構(NIMS)、研究者総覧SAMURAIをリニューアルし、ORCIDと連携
Posted 2017年7月12日
http://current.ndl.go.jp/node/34356

E1314 - 情報発信活動インタビュー(2)実業史研究情報センター
カレントアウェアネス-E No.219 2012.07.26
http://current.ndl.go.jp/e1314

E1993 - 名古屋大学ジェンダー・リサーチ・ライブラリ(GRL)開館
カレントアウェアネス-E No.341 2018.02.08
http://current.ndl.go.jp/e1993