国際図書館連盟(IFLA)、世界各国の図書館による議論を通じた将来ビジョン策定の取組“IFLA Global Vision”の概要報告書を公表

2018年3月19日、国際図書館連盟(IFLA)が、“President's Meeting 2018”において“Global Vision Report Summary Top 10 Highlights and Opportunities”を公表しました。

IFLAによる、世界各国の図書館による議論を通じた将来ビジョン策定の取組“IFLA Global Vision”に参加した図書館員の意見を分析した概要報告書です。

地域・館種等にかかわらず図書館の目標や永続的な価値や役割に関して全世界の図書館員が共有していることや、共通の目標への課題に対応するため地域の特徴・要件を知ることが重要であることがわかったとし、あわせて、意見で出された図書館の10の主要な役割と、それに対応する行動のための10の条件を紹介しています。

Launched today! IFLA Global Vision Report Summary Reveals Top 10 Highlights and Opportunities(IFLA,2018/3/19)
https://www.ifla.org/node/34321

IFLA Global Vision(IFLA)
https://www.ifla.org/node/11905

Global Vision Report Summary Top 10 Highlights and Opportunities [PDF:4ページ](IFLA)
https://www.ifla.org/files/assets/GVMultimedia/publications/gv-report-summary.pdf

参考:
韓国図書館協会、“IFLA's Global Vision Korea”策定のため意見を募集中
Posted 2017年7月31日
http://current.ndl.go.jp/node/34451

E1974 - 世界図書館情報会議(WLIC):第83回IFLA年次大会<報告>
カレントアウェアネス-E No.337 2017.11.16
http://current.ndl.go.jp/e1974