シカゴ公共図書館(CPL)の分館でWifiのルーターとタブレット等の貸出しを開始

2015年1月28日、シカゴ市が、シカゴ公共図書館の3つの分館で、ナイト財団やグーグルの助成を受け、Wifiのルーターを3週間貸しだすパイロットプログラムを来月から開始すると発表しています。タブレットやノートパソコン等のモバイル機器の貸し出しも行うようです。

ブロードバンドの利用率が低い地域でのデジタルデバイドの解消を目的としており、3週間の貸出しとデジタルスキルの訓練とを組み合わせた時の当該コミュニティーにおけるオンラインへの関与の向上等に関してテストをするようです。

Mayor Emanuel, Chicago Public Library Announce “Internet To Go” Tech Lending Program(City of Chicago, 2015/1/28)
http://www.cityofchicago.org/city/en/depts/mayor/press_room/press_releases/2015/january/mayor-emanuel--chicago-public-library-announce-internet-to-go-te.html

via;
Pilot Project: Three Chicago Public Library Branches Will Begin Lending Internet Routers and Tablets Next Month
(Infodocket,2015/1/28)
http://www.infodocket.com/2015/01/28/chicago-public-library-branches-will-begin-lending-internet-routers-and-tablets-next-month/

参考:
ニューヨークの公共図書館のインターネット“貸出”プログラム、Googleの資金援助を受けて拡大へ
Posted 2014年12月3日
http://current.ndl.go.jp/node/27566

E1580 - ニューヨークとシカゴで公共図書館がインターネットを“貸出”
カレントアウェアネス-E No.262 2014.07.10
http://current.ndl.go.jp/e1580