カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

米国研究図書館協会(ARL)等、研究成果の共有や公開、保存のためのプロジェクト“SHared Access Research Ecosystem: SHARE”の計画を発表

2014年2月6日、北米研究図書館協会(ARL)、米国大学協会(AAU)、公立ランドグラント大学協会(APLU)の共同プロジェクト“SHared Access Research Ecosystem: SHARE”の計画が公開されました。

“SHARE”は、研究活動を促進するための研究成果の共有や長期保存など、高等教育機関のデジタル資産管理における長期的な課題解決を目的としたプロジェクトとのことです。2013年2月の米国連邦政府による公的助成を受けた研究成果のパブリックアクセス拡大についての指示に応えるものでもあるとのことです。

SHared Access Research Ecosystem (SHARE)(ARL)
http://www.arl.org/focus-areas/public-access-policies/shared-access-research-ecosystem-share

SHARE NOTIFICATION SYSTEM PROJECT PLAN(ARL, 2014/2/6付け)
http://www.arl.org/storage/documents/publications/share-notification-system-project-plan.pdf?utm_campaign=SHARE%20Releases%20Notification%20System%20Project%20Plan&utm_medium=email&utm_source=newsletter&utm_content=SHARE%20Notification%20System%20Pro...

SHARE Tenets and Overview(ARL, 2013/10/23付け)
http://www.arl.org/storage/documents/publications/share-tenets-and-overview.pdf

参考:
米国政府、公的助成研究成果のパブリックアクセス拡大に向けた計画案の策定を政府機関に指示
Posted 2013年2月25日
http://current.ndl.go.jp/node/22967

ARL等、科学技術政策局(OSTP)の“公的助成研究成果OA指令”に関し声明を公表
Posted 2013年4月18日
http://current.ndl.go.jp/node/23366