カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

米国政府、公的助成研究成果のパブリックアクセス拡大に向けた計画案の策定を政府機関に指示

2013年2月22日、米国大統領府科学技術政策局(OSTP)が、“Memorandum for the heads of executive departments and agencies”と題した文書を公表しました。これは、研究開発予算が年間1億ドルを超す連邦政府機関に対して、政府助成を受けた研究の成果出版物やデータへのパブリックアクセスを促進させるための計画案を、6か月以内に策定するよう命じたものです。文書では、計画に含めるべき内容などについて示されています。この動きについてはこれまで、OSTPからの求めに応じた関係機関からの情報提供や、嘆願ウェブサイト“We the People”上での署名などを紹介してきました。

Expanding Public Access to the Results of Federally Funded Research(The White House 2013/2/22付け記事)
http://www.whitehouse.gov/blog/2013/02/22/expanding-public-access-results-federally-funded-research

MEMORANDUM FOR THE HEADS OF EXECUTIVE DEPARTMENTS AND AGENCIES(PDF:6ページ)
http://www.whitehouse.gov/sites/default/files/microsites/ostp/ostp_public_access_memo_2013.pdf

米国政府、公的助成研究成果OA指令を公表、NSFも対応へ(情報管理Web STI Updates 2013/2/25付け記事)
http://johokanri.jp/stiupdates/policy/2013/02/008251.html

U.S. Takes Huge Step Forward in Opening Access to Publicly Funded Research
http://newsbreaks.infotoday.com/NewsBreaks/US-Takes-Huge-Step-Forward-in-Opening-Access-to-PubliclyFunded-Research-87936.asp

参考:
公的助成研究のOA化を求めるオンライン請願書が"We the People"に公開、署名受付け中(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/20907

連邦政府助成の研究に基づく出版物やデータへのアクセスについてのパブリックコメント結果が公表(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/20061

連邦政府助成を受けた研究の成果出版物やデータへのアクセスについて、関係機関が意見を表明(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/19990