カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

ARL、大学図書館等におけるフェアユースの基準“Code of Best Practices in Fair Use for Academic and Research Libraries”への関心を喚起するためのインフォグラフィックを公表

北米研究図書館協会(ARL)が、2013年8月20日、フェアユースへの関心、ならびに、ARLが1年半ほど前に公表した文書“Code of Best Practices in Fair Use for Academic and Research Libraries”への関心を喚起することに資するものとして、インフォグラフィックを作成し、公表しています。

“Code of Best Practices in Fair Use for Academic and Research Libraries”は、大学・研究図書館におけるフェアユースに関するベストプラクティスをまとめたもので、2012年1月に公表されたものです。

Infographic Shows Good News about Library Fair Use(ARL, 2013/8/20付け)
http://www.arl.org/focus-areas/copyright-ip/fair-use/code-of-best-practices

参考;
E1265 - ARLが米国の大学図書館等におけるフェアユースの基準を公表 カレントアウェアネス-E No.210 2012.02.23
http://current.ndl.go.jp/e1265