カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

出版社・学協会が公的助成研究成果のパブリックアクセス拡大に向けた官民イニシアティブ”CHORUS”を提案(米国)

2013年6月4日、出版社・学協会等から成るグループが公的助成研究成果のパブリックアクセス拡大に向けた官民イニシアティブ”The Clearinghouse for the Open Research of the United States”(CHORUS)の計画案を公表しました。

これは米国大統領府科学技術政策局(OSTP)が2013年2月22日に出した、政府助成を受けた研究の成果出版物やデータへのパブリックアクセスを促進させるための計画案策定を求めた指令を受け、策定されたものです。CHORUSではこの指令に出版社のプラットフォーム等を用いて応えるモデルを提案しています。

CHORUSの計画案の詳細は米国出版社協会(AAP)のサイトで、全体像は学術出版系ブログ“The Scholarly Kitchen”の記事の中で紹介されています。

Understanding CHORUS(AAP、2013/6/5付け)
http://publishers.org/press/107/

Joining a CHORUS, Publishers Offer the OSTP a Proactive, Modern, and Cost-Saving Public Access Solution(The Scholarly Kitchen、2013/6/4付けの記事)
http://scholarlykitchen.sspnet.org/2013/06/04/joining-a-chorus-publishers-offer-the-ostp-a-proactive-modern-and-cost-saving-public-access-solution/

Scientific Publishers Offer Solution to White House's Public Access Mandate(ScienceInsider、2013/6/4付けの記事)
http://news.sciencemag.org/scienceinsider/2013/06/scientific-publishers-offer-solu.html

米国: 公的助成研究成果OA化のための官民連携イニシアチブ"CHORUS"、出版社・学協会がOSTPへ提案(記事紹介)(情報管理Web STI Updates、2013/6/10付けの記事)
http://johokanri.jp/stiupdates/policy/2013/06/008597.html

参考:
米国政府、公的助成研究成果のパブリックアクセス拡大に向けた計画案の策定を政府機関に指示
http://current.ndl.go.jp/node/22967

ARL等、科学技術政策局(OSTP)の“公的助成研究成果OA指令”に関し声明を公表 http://current.ndl.go.jp/node/23366

ARL等、公的助成研究成果のパブリックアクセス拡大に向けた計画案”SHARE”草案を公表(米国)
http://current.ndl.go.jp/node/23695