カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

Altmetricsの波に乗る:Altmetricsに関して図書館員が教員のためにできること(文献紹介)

米国の大学・研究図書館協会(ACRL)が刊行するニュース情報誌”College & Research Libraries News”の2013年6月号に”Riding the crest of the altmetrics wave: How librarians can help prepare faculty for the next generation of research impact metrics”と題した記事が掲載されています。著者はハーバード大学医学大学院の図書館員であるScott Lapinski氏と、altmetricsによりソーシャル上の影響力を確認できるウェブツール”ImpactStory”の開発者であるHeather Piwowar氏、Jason Priem氏です。

記事の中ではaltmetricsについて簡単に紹介した上で、図書館員が研究者や大学経営層のためにできることとして、

・最新の文献に基づいてaltmetricsに関連する議論の現状を伝えること
・altmetrics関連ツールを研究者が使ってみる際のサポート
・altmetricsに関する講習・アウトリーチの実施

の3つを挙げています。

Riding the crest of the altmetrics wave How librarians can help prepare faculty for the next generation of research impact metrics(C&RL News)
http://crln.acrl.org/content/74/6/292

参考:
あなたの成果はオンライン上でどれほどの影響力があるのか? ImpactStory公開
http://current.ndl.go.jp/node/21936