カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

あなたの成果はオンライン上でどれほどの影響力があるのか? ImpactStory公開

2012年9月24日、学術成果等がソーシャル上でどのような影響力があったのか、“altmetrics”という手法で分析できるウェブツール“ImpactStory”が公開されました。“ImpactStory”はこれまでTotalImpactという名前でしたが、改良が行われ、新たな名前で再度公開されたものです。

“ImpactStory”は、影響力を調査したい学術成果等について、Google Scholar ProfileやDOI、PubMedのIDから論文を、GitHubからソフトウェアやSlideShareからプレゼンテーション等をインポートできるようになっています。分析は、Facebook、GitHub、Mendeley、PLoS、PubMed、Twitter、Wikipedia等を対象として、研究者もしくは一般の方という属性と、閲覧・議論・保存・引用・推奨といった研究活動への係わり方(評価のされかた)の2つの次元で行われ、その結果が表示されるとのことです。

ImpactStory
http://impactstory.it/

Introducing ImpactStory (ImpactStory 2012/9/24付けの記事)
http://blog.impactstory.it/2012/09/24/introducing-impactstory/