カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

北米研究図書館協会(ARL)、視覚障害者等に対する研究図書館のサービスに関する報告書を公表

北米研究図書館協会(ARL)が、2012年11月2日付けで、報告書“Report of the ARL Joint Task Force on Services to Patrons with Print Disabilities”を公表しました。この報告書は、複数の大学の職員の参加するタスクフォースがまとめたもので、視覚障害者等のプリントディスアビリティ(印刷された文字を読むことに障害のある人)に対する研究図書館によるサービスをテーマとしています。米国・カナダの状況を中心に、技術的・法的課題等について述べられています。

Report of the ARL Joint Task Force on Services to Patrons with Print Disabilities(PDF:41ページ)
http://www.arl.org/bm~doc/print-disabilities-tfreport02nov12.pdf

Accessibility for Patrons with Print Disabilities(ARL)
http://www.arl.org/accessibility/