CA1286 - アメリカの公共図書館におけるビジネスサービス / 佐川祐子

カレントアウェアネス
No.243 1999.11.20


CA1286

アメリカの公共図書館におけるビジネスサービス

日本では,「ビジネスサービス」というと未だ公共図書館のサービスとしての認識が薄く,実施している館もまだ少ない。しかしアメリカの場合,その歴史は1904年にまでさかのぼる。デイナ(John Cotton Dana)がニューアークにビジネス分館を創設したのが最初であり,1950年代の初めまでに約70もの館がビジネス分館や,本館内にビジネス部門を置くようになった。けれども,このサービスが公共図書館の主要な役割として認められるようになったのは,90年代に入ってからである。

1993年にデリア(George D'Elia)が公共図書館の役割について行った世論調査では,レファレンスサービスを,コミュニティ内のビジネス向けサービスと個人向けサービスに分けた。そして,10の役割の重要度とそれらにかけるべき費用について質問をし,一般市民と人種による違い,コミュニティのオピニオン・リーダーとの違いを明らかにした。

この調査の結果,ビジネスサービスの重要度は一般市民で第6位,オピニオン・リーダーでは第7位にランクされた。また,オピニオン・リーダーたちは図書館利用の有無にかかわらず,図書館が果たす役割の重要性についての認識は高く,デリアは図書館側がもっと彼らに対して電話などによるサービスを行い,よりよい関係を持つことを推奨している(CA941参照)。

1996年には,公共図書館協会(PLA)による年次調査(Public Library Data Service)の中で,ビジネスサービスについての調査が行われた。その結果,回答館の65%が地元の商工会議所に登録しており,49%にビジネス団体の図書館登録制度があった。また,26%は地域振興団体との協力関係にあり,19%が地元ビジネスとの連携を行っていた。

1998年になると,ビジネス・職業情報サービスは,PLAが新たに作成したサービス計画策定マニュアルであるPlanning for Resultsの中で,13の「サービス・レスポンス」(注)に含まれることになった。地元ビジネスの振興は,コミュニティの重要な課題であるため,ビジネスサービスの重要性も再認識されたのであろう。

内容としては,職業ガイダンスや就職のあっせん,履歴書の書き方や面接,投資についてのプログラム,インターネットを使ったサービスなどが例示されている。また,専門のスタッフの必要性,蔵書,設備などについても言及されているが,料金徴収については特にふれられていない。

実例としては,グランデール公共図書館では,起業家のためのプログラムに始まり,1992年に経済発展情報センター(Economic Development Information Center)を創設した。ここではインターネットを無料開放し,プリントアウトにのみ料金をとっている。

また,ロサンゼルス・カウンティ公共図書館には,ビジネス・ユーザーの登録制度があり,無料である個人の利用者とサービスの違いを出している。さらに,ニューヨーク公共図書館では1996年に科学・産業・ビジネス図書館(SIBL)をオープンし,インターネットやデータベース利用を無料にしているほか,各種講座(コンピュータの使い方から求人情報の集め方,起業家向けのものまで)も無料で実施している(CA1224参照)。

リンチ(Beverly P. Lynch)は,ビジネスサービスを発展させるには,公共図書館がそのプログラムをどんどん売り込むことが必要だと述べている。図書館員は自分たちのサービスがすでによく知られていると思いがちだというのである。そして重要なのは,ビジネスサービスに限らず,公共図書館は常に自分たちが行っていることを,利用者のニーズを測ることによって評価し,サービスの優先順位を決めていくことだ,という。

日本の公共図書館でも,ビジネスサービスを始める,ということにとらわれるのではなく,地域の重要な情報センターとなるための方策として,このサービスの有効性を考えていくことから始めていってはどうだろうか。

杉並区立下井草図書館:佐川 祐子(さがわさちこ)

(注)以前のマニュアルであるPlanning and Role Setting for Public Libraries (1987)における「役割」に相当する概念であるが,「役割」に比べ,コミュニティの特定のニーズに応えるという側面を強調している。
Ref: Fenner, Edward H. Business service in public libraries. Spec Libr 44 (6) 222-227, 1953
D'Elia, George et al. Public opinion about the roles of the public library in the community: the results of a recent Gallup poll. Pub Libr 33 (1) 23-28, 1994
D'Elia, George et al. The roles of the public library in the community: the results of a Gallup poll of community opinion leaders. Pub Libr 34 (2) 94-101, 1995
Lynch, Beverly P. Public library service to business. Pub Libr 37 (6) 382-386, 1998
Himmel, Ethel et al. Planning for Results: A Public Library Transformation Process. ALA, 1998. 126p
菅谷明子 進化するニューヨーク公共図書館 中央公論(1382) 270-281,1999