国文学研究資料館とポーラ文化研究所、化粧文化に関する資料をデジタル化し公開:同研究所が所蔵する古典籍176冊と浮世絵349点

2021年4月16日、国文学研究資料館と、株式会社ポーラ・オルビスホールディングスで化粧に関する研究活動を行うポーラ文化研究所(東京都品川区)が協力・連携し、化粧文化に関する資料のデジタル化を行い公開しました。

発表によると、同研究所が所蔵する、化粧・髪型・装い等に関する、江戸時代を中心とした、古典籍176冊の画像7,235コマと浮世絵349点の画像459コマが、高精細デジタル画像で公開されています。

画像は、国文学研究資料館が運営する「新日本古典籍総合データベース」、ポーラ文化研究所の「蔵書データベース」「化粧文化データベース」で閲覧可能です。

お知らせ(国文学研究資料館)
https://www.nijl.ac.jp/news/
※2021年4月16日付で、「「新日本古典籍総合データベース」でポーラ文化研究所の画像を公開開始」と掲載されています。

ポーラ文化研究所所蔵の化粧文化に関する資料、高精細デジタル画像でオンライン閲覧が可能に 古典籍176冊・浮世絵349点を4月16日に公開[PDF:2MB]
https://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/images/20210416_release.pdf

化粧文化に関する資料、高精細画像でオンライン閲覧が可能に[PDF:2ページ](ポーラ文化研究所, 2021/4/16)
https://www.cosmetic-culture.po-holdings.co.jp/newsrelease/pdf/20210416release.pdf

参考:
国文学研究資料館、ポーラ文化研究所(東京都品川区)と「日本語の歴史的典籍に関する国際共同研究ネットワーク構築」を推進する覚書を締結
Posted 2020年7月10日
https://current.ndl.go.jp/node/41483

E1992 - 古典籍画像を見るなら,新日本古典籍総合データベース!
カレントアウェアネス-E No.341 2018.02.08
https://current.ndl.go.jp/e1992