E867 - NDL,『米国の図書館事情2007』を刊行

カレントアウェアネス-E

No.140 2008.12.10

 

 E867

NDL,『米国の図書館事情2007』を刊行

 

 国立国会図書館(NDL)は,2006年度に実施した「米国の図書館事情に関する調査研究」の記録集『米国の図書館事情2007』(図書館研究シリーズ No.40)を,社団法人日本図書館協会から刊行するとともに,2008年11月25日,図書館に関する情報ポータル『カレントアウェアネス・ポータル』に全文を掲載した。

 米国の図書館の概況やそれを支える行政機関・各種組織の諸活動,連邦・地方政府における図書館政策,図書館を生み出し育んできた文化的・経済的なバックボーンのありようなどについて,日本国内および米国で活躍する研究者や現職図書館員,図書館関係者あわせて44名が多面的に分析・検討している。

 長年にわたり日本の図書館界が模範としてきた,米国の図書館の「今」を取り上げた概説書・入門書として,また今後の日本の図書館行政や図書館情報学研究を発展させて行くための参考書として,本報告書の知見を広く共有・活用していただきたい。

Ref:
http://current.ndl.go.jp/series/no40