E2366 - JPROの書誌データポータルサイト「BooksPRO」

カレントアウェアネス-E

No.410 2021.03.25

 

 E2366

JPROの書誌データポータルサイト「BooksPRO」

日本出版インフラセンター・田代信光(たしろのぶみつ)

 

   2020年11月16日,一般社団法人日本出版インフラセンター(JPO)の運営する出版情報登録センター(JPRO)は,書店の仕入担当向けに提供していたポータルサイト「BooksPRO」を図書館でも閲覧可能とした。本稿では,その経緯と現状について紹介する。

   JPOは,日本書籍出版協会,日本雑誌協会,日本出版取次協会,日本書店商業組合連合会,日本図書館協会(JLA)を設立団体として,出版業界の情報インフラ整備を使命として2002年から活動している。ISBNの管理・更新を行う図書コード管理センター,JPRO,雑誌コード管理センター,書店情報の管理・更新を行う書店マスタ管理センター等により,出版に関する情報インフラの管理運営を行っている。

   「BooksPRO」は, JPROが管理する書誌データを公開するポータルサイトとして,2020年3月10日から書店の仕入担当向けに会員サービスとして提供を開始した。JPROには,2021年1月末時点で,254万1,559点の書誌情報が登録され,そのうち,紙書籍は226万952点,電子書籍は28万607点である。2020年12月末時点で,1,888社の出版社が利用しており, 新刊書籍に対する登録率は89.5%(資料種別登録率:書籍(委託配本)94.5%,雑誌扱いコミックス91.7%,ムック55.5%)となっている。当初は書店向けのみとしていたが,図書館における選書業務での利用の要望が多かったことから,図書館向け会員サービスとして拡大した。

   図書館向けサービスの検討にあたっては,コロナ禍の中,ヒアリング等がなかなかできない状況であったが,検討を行うための委員会を設置した。委員として出版社や取次会社,図書館へ各種情報を提供している事業者等の参加の下,ウェブ会議にて,議論を積み重ねた。また,JLAに協力を仰ぎ,既存の書店向けBooksPROを見たうえでの様々な意見を求めた。

   委員会やJLAで出された主な意見・要望は,(1)BooksPROの販売促進情報はレファレンス業務に活用できるのではないか,(2)近刊情報が充実しているので選書業務に役立つのではないか,(3)日本十進分類法(NDC),国立国会図書館(NDL)の全国書誌番号(JP番号)を追加すべきではないか,(4)ジャンルの区分をもう少し詳細にしたほうが良いのではないか,等であった。

   これら,意見・要望を踏まえ,ジャンル区分の詳細化は内容を十分検討した上での対応とし,まずは,NDCの追加等の対応を行うなど,図書館でより使い易いサービスとしてスタートした。また,2021年1月26日からは,日本雑誌協会が運営する雑誌POSセンターとの連携により,雑誌の書誌情報も閲覧できるようにし,より多くの資料を閲覧できるようになっている。

   現在,閲覧できる資料の種別は,書籍・雑誌・雑誌扱いコミックス・ムックである。また,主な書誌情報は,書名,著者名,ISBN(JAN)コード,発行元出版社名,ページ数,定価,発売(予定)日,内容紹介,対象読者(未記載あり),JP番号,NDCである。それに加え,書影の閲覧やためし読みが可能なタイトルもあるため,その本の内容やイメージをつかむことができ,図書館での選書業務に必ずや役立つものと思われる。また,「BooksPRO」には近刊情報や受賞情報,新聞広告情報などのメディアでの紹介情報,販促情報も掲載されているため,来館者の問い合わせ対応などレファレンス業務での活用も大いに期待できる。詳細は実際にアクセスしてご確認願いたい。

   ユーザー登録にあたっては,公共図書館,大学図書館,専門図書館等は,NDLが管理している「図書館及び関連組織のための国際標準識別子」(ISIL;CA1757参照)をIDに用いることができる。IDにISILを採用した理由は,日本国内における公共図書館,大学図書館,専門図書館等の情報の網羅性が高く,かつオープンな情報であり,コード体系が整備維持されているからである。なお,学校図書館等ISILに登録されていない図書館がユーザー登録を希望する場合は,JPO担当までご連絡願いたい。詳細は,Refに挙げた「BooksPRO」のウェブサイトに記載している。

   最後に,「BooksPRO」が全国の図書館にも広がることによって,JPRO出版情報の更なる活用が進み,利用者の利便性が向上するとともに,出版界と図書館界の相互理解が進むことを祈念して止まない。

Ref:
BooksPRO.
https://bookspro.jp/
“11月16日より、BooksPROが図書館から閲覧可能になります”. BooksPRO. 2020-11-12.
https://bookspro.jp/info/jpo-info.php?seq=13
“図書館及び関連組織のための国際標準識別子(ISIL)”. 国立国会図書館.
https://www.ndl.go.jp/jp/library/isil/index.html
兼松芳之. 日本におけるISIL(アイシル)の導入. カレントアウェアネス. 2011, (310), CA1757, p. 4-6.
https://doi.org/10.11501/3485915