CA758 - レファレンス・ライブラリアンの将来―情報化社会に居場所はあるか?― / 樋口修

カレントアウェアネス
No.144 1991.08.20


CA758

レファレンス・ライブラリアンの将来−情報化社会に居場所はあるか?−

主として技術の変化により,レファレンス・サービスが変わりつつある状況の下で,将来のレファレンス・ライブラリアンにはどんな技術・資質・能力が必要とされるか,をテーマに,RSR誌は誌上シンポジウムを掲載した。寄稿者は,経験豊富なレファレンス・ライブラリアン,管理職,教育者である。

ブランダイス大学中央図書館のマッセイ=バーツィオ(Massey-Burzio)は,将来の図書館員に求められる能力として,良質のレファレンス・サービスを提供する能力,対人コミュニケーションの能力,経営管理能力,およびコンピュータ技術の活用能力をあげ,中でも最も優先されるのは,利用者のニーズを満たすため,所在と形態の如何を問わず情報を迅速に発見し入手するレファレンスの能力であるとする。また,これらの能力を涵養するには,図書館学修士(MLS)の資格だけでは不十分であり,職場での教育と経験を通じて高度な能力を獲得していく必要があると述べる。事実,今日のレファレンス・ワークは,焦点を絞った高度な質問に回答する方向に変わりつつある。ブランダイス大学中央図書館が,昨年の3月に一般参考カウンターを廃止し,代わりに大学院生が単純な質問に回答する「情報カウンター」と図書館員が専門的な質問に対応する「調査相談室」を設置したのはその一つの例である。

カリフォルニア大学サンタクルズ校マクヘンリー図書館のリッチ(Ritch)は,1950年代の状況をふり返り,そこから未来予測を試みる。当時のレファレンス・ワークは,個々の担当者の驚くべき博覧強記と,利用者のあらゆる質問にあらゆる手を尽して答えようとする飽くなき熱意により遂行されていた。しかし,今日では,個人の記憶能力の限界をはるかに超えて情報が蓄積されている一方,適切な検索手段を見つければ,世界中の情報がより詳細に入手できるようになっている。したがって,検索手段に関する知識に比べ,回答内容自体に関する知識の重要性は,相対的にみて明らかに減少している。もちろん,主題専門家は依然として求められてはいるが,何より望まれている人材は,最新の情報技術やネットワークを熟知し,現在の担当者の技術的に弱い部分をカバーしてくれるような人である。加えて,民族的文化的に多様な利用者にサービスすることができる,偏見を持たず,多くの文化に精通した人材も求められている。何よりも将来の図書館員に求められる資質は,新しい技術と利用者の新しい要求に進んで適応する柔軟性であろう。

ネバダ大学リーノー図書館のジンク(Zink)は,情報化社会を形作っている諸々の力の意味を十分に理解することが,将来の図書館員にとって最も重要であるという。

近年の技術的進歩により,レファレンス部門は高度にオートメーション化された職場環境になっている。したがって,有効に仕事をするために,図書館員はコンピュータなどの技術に精通しなければならない。専門職はその職業分野の最新の知識と技能を常に身につける責任を負う。ゆえに図書館員がコンピュータ技術に無関心であることは背任行為であり,そうした図書館員の居場所は,未来においては無論のこと,今日でも存在しないであろう。

エンポリア州立大学図書館・情報学部長のヘール(Hale)によれば,技術の発達や図書館員の努力によって,要求を満たされれば満たされるほど,利用者は期待を増大させ,新しい要求を持ち出してくるという。「あるトピックについてのいろいろな著書の記述をまとめて,それを要約してほしい」「1949年のワールドシリーズで勝ったのはどちらのチームか調べるのに,なぜこのOPACが使えないのか」などは,最近よく聞かれる要求の例である。

つまり利用者の要求は絶えず高度化するものであり,今日の課題を解決しても安定不変の状態が得られるわけではない。したがってレファレンス・ライブラリアンに求められるのは,変化をいとわぬ柔軟性である。

ジンクが指摘するように,従来の図書館は,情報の収集・伝達に関する機関として,必ずしも十分に有効で有益な役割を果たしてきたとはいえない存在であった。しかし,情報の「競技場」に多くの積極的なプレーヤーが参入しつつある状況のもとで,MLS保持者に代って,コンピュータ科学の専門家が上級管理職を占めたり,さらには組織としての図書館が廃止されるか否かが問われる可能性があることを,この記事の未来予測は示唆している。図書館員は組織の一員として,より大きく積極的な役割を情報化社会の中で果たすべく自己啓発に努めねばならないといえよう。

樋口 修(ひぐちおさむ)

Ref: Rockman, Ilene F. et al. Reference librarian of the future. RSR 19 (1) 71-80, 1991