北米研究図書館協会(ARL)、ソフトウェアの保存とフェアユースに関する報告書を公開

2018年2月9日、北米研究図書館協会(ARL)が、報告書“The Copyright Permissions Culture in Software Preservation and Its Implications for the Cultural Record”を公開しました。

ソフトウェアの保存とアクセスを実現するためのフェアユースの採用についてのベストプラクティスに関する保存専門家間の共通理解を展開させることを目的に作成されたもので、フェアユースの合意的な見解を示すことで法的な不明瞭な点を解消することを目的に2018年秋に公開予定の“Code of Best Practices in Fair Use for Software Preservation”に関する情報を提供しています。

Study Examines Copyright Permissions Culture in Software Preservation, Implications for Cultural Record(ARL,2018/2/9)
http://www.arl.org/news/arl-news/4469-study-examines-copyright-permissions-culture-in-software-preservation-implications-for-cultural-record#.

The Copyright Permissions Culture in Software Preservation and Its Implications for the Cultural Record (ARL,2018/2/9)
http://www.arl.org/publications-resources/4468-the-copyright-permissions-culture-in-software-preservation-and-its-implications-for-the-cultural-record#.

The Copyright Permissions Culture in Software Preservation and Its Implications for the Cultural Record [PDF:36ページ](ARL)
http://www.arl.org/storage/documents/2018.02.09_CopyrightPermissionsCulture.pdf

参考:
E1820 - 研究用ソフトウェアの持続可能性
カレントアウェアネス-E No.307 2016.07.14
http://current.ndl.go.jp/e1820