OCLC、WebJunctionで、Wikipediaの編集等のスキルに関する公共図書館員向け無料オンラインプログラムの提供開始

OCLCが、2017年9月13日から、Wikipediaの編集等のスキルの習得に関心がある公共図書館職員を対象とした10週間の無料オンラインプログラムを、OCLCが運営する図書館員向けオンライン学習コミュニティWebJunctionで提供すると発表しています。

7月19日から登録の受付が開始されますが、同日、同プログラムを紹介するとともに、Wikipediaを用いて、より多くの人々を図書館のコレクションに結び付け、コミュニティのメンバーを創造的に関与させる方法について解説するウェビナー(ウェブセミナー)“Wikipedia for Libraries: Preview the Possibilities, Discover the Opportunities”が開催されます。

同プログラムは、米国の公共図書館とWikipediaの結び付きを強化することで、質の高い情報へのパブリックアクセス拡大し、公共図書館が多様なコミュニティに役立つようにすることを目的としたプロジェクト“Wikipedia + Public Libraries: Better Together”の一環です。

OCLC's WebJunction to offer training for librarians interested in Wikipedia engagement(OCLC,2017/6/20)
http://www.oclc.org/en/news/releases/2017/201718dublin.html

Wikipedia + Libraries: Better Together(WebJunction)
http://www.webjunction.org/explore-topics/wikipedia-libraries.html

参考:
OCLCが「ウィキペディアと図書館:あなたの図書館の可視性を高める」と題するウェビナーを開催
Posted 2014年10月6日
http://current.ndl.go.jp/node/27160

E1444 - 10周年を迎えたWebJunction
カレントアウェアネス-E No.239 2013.06.20
http://current.ndl.go.jp/e1444

E1922 - 図書館とWikipediaの連携がもたらす社会への効果
カレントアウェアネス-E No.326 2017.06.08
http://current.ndl.go.jp/e1922