早稲田大学文学学術院、「変体仮名」をゲーム感覚で身につけられる無料スマートフォンアプリを公開

早稲田大学文学学術院が、漢字をくずした書体として「源氏物語」をはじめ日本の多くの古典で使用されている「変体仮名」の美しさを再発見し、近代の主要な計327字の読み方をゲーム感覚で身につけられる無料スマートフォンアプリ(Android版)を2015年10月29日にリリースしたと発表しています。

iOS版は近日公開予定で、や英語版も、共同開発者のカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)によって米国・欧州などに向けて近日リリースされる予定とのことです。

源氏物語から蕎麦屋の看板までマスター 変体仮名あぷり・The Hentaigana App 早大・UCLAで共同開発(早稲田大学,2015/11/2)
http://www.waseda.jp/top/news/34162

参考:
国立国語研究所、「学術情報交換用変体仮名」「物類称呼データベース」を公開
Posted 2015年10月19日
http://current.ndl.go.jp/node/29688

凸版印刷、江戸期以前のくずし字を高精度でテキストデータ化する新方式OCR技術を開発
Posted 2015年7月3日
http://current.ndl.go.jp/node/28820