カレントアウェアネス・ポータルは、図書館界、図書館情報学に関する最新の情報をお知らせする、国立国会図書館のサイトです。

EBSCO社、Wikipedia英語版と連携 臨床情報のレファレンスツールDynaMed Plusのアカウント300件を提供

2015年7月14日、EBSCO社はWikipedia英語版の医療関連記事の編集者を対象に、同社の臨床情報レファレンスツールDynaMed Plusのアカウントを提供することを発表しました。

対象となるのはWikipedia英語版のアカウントを最低1年以上使用しており、1,000回以上Wikipedia英語版を編集したことがある人物です。EBSCO社は該当する人物最大300人にまで、DynaMed Plusのアカウントを提供するとしています。

Wikipedia Healthcare Editors Now Have Free Access to DynaMed Plus’ Evidence-Based Clinical Content(EBSCO、2015.7.14付け)
https://www.ebsco.com/news-center/press-releases/wikipedia-healthcare-editors-now-have-free-access-to-dynamed-plus

Wikipedia:DynaMed
https://en.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:DynaMed

参考:
E1528 - 図書館とウィキペディアのこれからの関係は?
カレントアウェアネス-E No.253 2014.02.06
http://current.ndl.go.jp/e1528

De GruyterもWikipedia編集者にアクセス権を提供:The Wikipedia Library
Posted 2014年10月2日
http://current.ndl.go.jp/node/27140

The Wikipedia Libraryの枠組みを利用した取り組みが順調:British Newspaper Archiveもアカウントを提供
Posted 2014年7月23日
http://current.ndl.go.jp/node/26628

The Wikipedia Library、Wikipedia編集者が自由にアクセスできるデータベースの範囲を拡大
Posted 2014年6月24日
http://current.ndl.go.jp/node/26428